鼻毛はなぜ抜かない方がいい?死亡例もある?鼻毛を抜くリスクと正しい処理方法を解説

鼻毛を抜くのはNG

街中などでふと鏡を見たら鼻毛が出ていて恥ずかしい思いをした…という方もいますよね。

そんな時に抜いてしまう方もいるでしょうが「鼻毛は抜かない方が良い」と聞いたことはありませんか?

このページでは鼻毛を抜くことのデメリットを紹介していきます。

またページの後半では、鼻毛を抜く以外でおすすめの処理方法を紹介していくので、そちらも参考にしてください!

鼻毛はなぜ抜かない方がいいの?

鼻毛が穴から出ないように処理するのは、当然のエチケットマナーであることから鼻毛=ムダ毛と考えがちですが鼻毛には異物を吸い込むのを防止するフィルターの働きや匂いを感じる機能が備わっており、根こそぎ処理してしまうと様々なデメリットが生じます。

詳しくは次から見ていきましょう。

鼻の粘膜を傷つけてしまう

鼻毛を抜くことのデメリットとしては、粘膜を傷つけてしまう点が挙げられます。

鼻毛の毛根は鼻の内部にある粘膜に繋がっており、無理やり引き抜くと毛穴がそのまま傷口になってしまうのです。

粘膜の傷は炎症や鼻血を引き起こしますし、場合によっては重大な病気にかかってしまうケースも考えられます。

自身の健康を保つためにも、鼻毛を抜いて処理するのはやめましょう!

鼻が乾燥しやすくなる

鼻毛を抜くことのデメリットとしては、鼻が乾燥しやすくなる点も挙げられます。

鼻毛は空気中の水分を鼻の粘膜に留める効果があるのですが、鼻毛を抜いてしまうと粘膜の乾燥が進み、ムズムズ感を感じたり鼻水が出やすくなってしまいます。

日常生活を快適におくるためにも、鼻毛は抜く以外の方法で処理した方が良いでしょう。

雑菌が体内に入りやすくなる

このページの最初に説明したとおり、鼻毛には空気中の異物の侵入を防ぐ役割があり、抜いてしまうとウイルス・雑菌・花粉が体内に入りやすくなります。

そのためインフルエンザが流行するシーズンやホコリが多い場所に長くいる人は、鼻毛を抜いて処理するのは避けた方が良いでしょう。

なお鼻毛を抜くことで花粉や風邪が悪化する!という意見もありますが「花粉に関しては鼻毛で止まると逆に症状がひどくなる」などの反対意見も多く、鼻毛を抜くことによる空気感染についての定説はありません。

鼻血や鼻水が垂れやすくなる

鼻毛は鼻水や鼻血を止める役割を担っており、根こそぎ抜いてしまうと鼻血や鼻水が垂れやすくなります。

特に冬など寒い時期に鼻毛を抜いてしまうと、かいでも鼻水が止まらないなんてことも…。

また季節に関わらずアレルギー性鼻炎を持っている方などは、さらに鼻水が出やすくなる可能性も考えられるため、鼻毛を抜くのは避けた方が良いでしょう。

病気の原因になる

先程「鼻毛を抜くことによる空気感染に定説はない」と解説しましたが、鼻毛を抜くことで傷ついた粘膜から病気にかかるケースは多く、因果関係が立証されています。

中には顔全体から体全体にまで影響を及ぼす重大な病気を引き起こすケースも考えられるのです。

鼻毛を抜くことでかかる可能性がある病気については、次から詳しく見ていきましょう。

病気➀鼻せつ

鼻せつとは、鼻毛を抜くなどでできた鼻の傷に黄色ブドウ球菌が入り込むことでおこる病気のことで、ピエロの鼻のように真っ赤に腫れあがってしまう人も多いです。

また鼻せつの細菌感染が顔や頭まで広がると、眼球の突出や顔面感覚の低下、けいれんなど日常生活に支障が出るレベルの症状を引き起こす可能性があります。

病気②毛嚢炎

毛嚢炎とは、鼻毛を抜くことで露出した毛根周りの皮膚が黄色ブドウ球菌に感染する病気のことで、吹き出物やニキビが起こる原因になります。

毛嚢炎は鼻せつと違って重大な病気を引き起こすケースは少ないですが、近い箇所に複数の毛嚢炎ができると、強い赤みや痛みをともなう「せつ」になってしまう可能性があります。

場合によっては鼻内部の毛嚢炎が悪化し、鼻をかむたびに強い痛みを感じる!といったケースも考えられるため、毛嚢炎の原因になるような鼻毛を抜く行為は避けた方が良いでしょう。

病気③丹毒

丹毒は蜂窩織炎とも呼ばれ、鼻毛を抜くなどでできた傷口から皮下脂肪組織まで黄色ブドウ球菌が入り込むことで起こる病気のことで、熱く真っ赤に腫れ上がるのが特徴です。

また丹毒は全身に広がりやすく発汗・悪寒・倦怠感を引き起こし、場合によっては敗血症にまで至るケースもあります。

丹毒の治療には原因となる黄色ブドウ球菌に効果がある抗生物質が使われ、10日ほどで完治する場合がほとんどですが、抗生物質が効きづらいMRSAはさらに長い治療期間が必要になるため、なるべくかからないように鼻毛を抜く以外の方法で処理した方が良いでしょう。

匂いが分からなくなる

鼻毛は異物が体内に入るのを防ぐフィルターの働きが主ですが、鼻毛の中には嗅毛(匂いを認識する神経の先端)が生えており、根本から抜いてしまうと嗅覚が衰える可能性があります。

人体には嗅毛以外にも嗅覚神経はあるため、鼻毛を抜く=嗅覚が失われるわけではありませんが「普段の食事が楽しめなくなる」「ガスやゴミの臭いに気づきづらくなる」などの弊害は考えられるため、鼻毛を抜くことは避けた方が良いでしょう。

鼻毛の正しい処理方法

ここまで鼻毛を抜くことによるデメリットや危険性について解説してきましたが、処理方法や処理道具に困っている方もいるでしょう。

そのためここからはおすすめの鼻毛の処理方法や、処理グッズについて解説していくので、鼻毛に悩んでいる方は参考にしてください!

鼻毛カッター

「鼻毛をハサミで処理するのが面倒」「気づけば鼻毛が出ている!」という方は楽に処理できる鼻毛カッターを使うと良いでしょう。

鼻毛カッターには大きく分けて電動と手動がありますが、しっかりと処理したい!という方は電動を気軽に持ち運びたい!という方は手動のものを選ぶと良いでしょう。

また電動の鼻毛カッターでおすすめの商品としては、Panasonicのエチケットカッターが挙げられます。

Panasonicのエチケットカッターは単4乾電池1本で動くため充電が不要ですし、アタッチメントを変えれば眉・耳・ヒゲの処理にも使えるため、鼻毛だけではなく顔まわりの毛に困っている人にもおすすめできます。

またエチケットカッターは1つ1000円程度と手に入りやすい価格であるため、気軽にAmazonや家電量販店で購入してみましょう!

鼻毛バサミ

「鼻毛を出先でも処理したい!」「電動はケガしそうで怖い…」という方は専用の鼻毛バサミを使いましょう。

専用の鼻毛バサミは通常のハサミと違って先端が丸まっているため怪我しづらく、刃が薄く作られていることもあり、扱いやすさが魅力的です。

鼻毛バサミはシンプルな構造であるため商品ごとの違いも少ないのですが、おすすめの商品としては関孫六の薄刃セーフティハサミが挙げられます。

関孫六は室町時代から続く有名な刀工であり、刃物の切れ味で高い評価を得ています。

また関孫六の薄刃セーフティハサミはAmazonで715円(2020年1月時点)という値段で買えるのも魅力的なポイントと言えるでしょう。

なお鼻毛バサミで鼻毛を処理する場合は、一度鼻をかんで鼻毛を全て外に向けてから使用すると、処理残しが少なくなるためおすすめです。

鼻毛は抜くより切って処理するのが安全

このページでは鼻毛を抜くデメリットや危険性、鼻毛を処理するおすすめの方法を紹介してきました。

昨今はGOSSO(ゴッソ)などの鼻毛脱毛ワックスなどが話題になり、鼻毛が抜ける独特の痛みがクセになる、などの理由で鼻毛を抜いて処理する人も増えています。

しかし鼻毛を抜いてしまうと鼻の皮膚や粘膜を傷つけ、出血や炎症、重大な感染症を引き起こす可能性があります。

鼻毛が出ていたことに気づいた場合は、しっかりと鼻毛の役割を把握した上で切って処理しましょう!