ハイジニーナ脱毛とは?メリットや脱毛前に知っておくべき注意点について解説

最近では身体の全てを脱毛できるプランがあり、希望さえすればほとんどの部位を脱毛することができます。

本記事では、VIO脱毛の一種である「ハイジニーナ脱毛」について紹介しているので、気になっていた方は是非ご確認ください。

VIOゾーンのアンダーヘア(陰毛)は何センチに切って整えれば良い?おすすめの長さと処理方法を解説

ハイジニーナ脱毛とは?

ハイジニーナ脱毛とは、アンダーヘア、いわゆるVIOラインを全て脱毛することを指します。

ハイジニーナは元々「衛生」という意味の「ハイゾーン」が由来と言われています。

毛が無くなることが清潔になることに繋がります。

また一般的なVIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いは、全て剃るか剃らないかの違いです。

ハイジニーナはデザインのことを指すので、VIO脱毛の中にハイジニーナ脱毛があるイメージです。

ハイジニーナ脱毛のメリット5選

ハイジニーナ脱毛をするメリットは以下の5点です。

  • 衛生的
  • 好きなファッションができる
  • 肌トラブルのリスクが減る
  • 出産後のトラブル回避
  • 介護の負担を減らすことができる

一つずつ確認していきましょう。

衛生的

最も大きなメリットは、衛生的であることです。

アンダーヘアは他の毛より濃く生えているので、伸びっぱなしにしていると湿気などで蒸れてしまいます。

蒸れると、かゆみや臭いが発生してしまい雑菌も繁殖しやすい環境になります。

また女性であれば生理中は経血が毛に絡まって不快感に悩まされます。

毛があることが悪いことばかりでありませんが、ハイジニーナ脱毛することによってデリケートゾーンを清潔に保つことができるのが大きなメリットの一つです。

好きなファッションができる

またアンダーヘアがないことによって、好きなファッションを楽しむこともできます。

ムダ毛のはみだしが気になって好きな水着が着れなくて悩んでいる人もいます。

前日に自己処理をするのにも時間がかかり、忘れてしまうとずっと気になってしまって楽しめないですよね。

ハイジニーナ脱毛することで、水着の中のインナーショーツを履く必要もありませんし、かわいいTバックの下着も堂々と履くことができますよ。

このような理由から、ハイジニーナ脱毛を検討する女性が多くなってきました。

肌トラブルリスクの軽減

またアンダーヘアの自己処理が無くなることで、肌トラブルのリスクを軽減させることができます。

アンダーヘアの自己処理は凹凸や見えない部分が多く、ついカミソリ負けしてしまう部位でもあります。

肌トラブルが多発してしまうと、そこから雑菌が入り、かゆみや腫れなどを引き起こすリスクにも繋がってきます。

そこでハイジニーナ脱毛をすれば、自己処理をする必要がなくなるので、肌トラブルの心配がなくなります。

毎日の自己処理にストレスを感じている方は、肌トラブルに悩んでいる方にハイジニーナ脱毛はおすすめです。

出産後のトラブル回避

実はハイジニーナ脱毛は出産時のトラブル回避にも役立ちます。

出産時は、会陰切開の場面が関係してきます。

会陰切開とは、出産時に会陰部(肛門や膣口)が伸びないことによって、切れてしまうので、それを防ぐために事前に切っておくことを指します。

この傷は出産後1か月は残ると言われており、その傷を清潔に保つためにハイジニーナ脱毛をしておくと修復もスムーズに進みます。

出産の前に脱毛しておくことを、妊活脱毛というので、気になる方はチェックしてみてください。

介護の負担を減らすことができる

ハイジニーナ脱毛は介護の負担を減らすことができます。

排泄の介助をする際に毛が残っていると、毛に排泄物が付着し、肌荒れを引き起こす可能性があります。

また介助する側も、排泄物を毛からふき取る作業がなくなるので、お互いのストレス軽減にもつながります。

将来のことを考えて、自分と介護者の負担を考えてハイジニーナ脱毛する人も増えてきています。

ハイジニーナ脱毛の注意点

ハイジニーナ脱毛とは?メリットや先に知っておくべき注意点について解説

続いてハイジニーナ脱毛の注意点について紹介します。

ハイジニーナ脱毛の注意点は以下の4つです。

  • 元に戻せない
  • 痛みが伴う
  • 生理中は施術ができない
  • 人によっては恥ずかしい

身体に関わることなので、しっかり確認しておきましょう。

元に戻せない

ハイジニーナ脱毛をすると、元に戻せないデメリットがあります。

永久脱毛をしてしまうと、たとえ元に戻したくなっても毛を再生させることはできません。

元に戻せないのが不安という方は、控えましょう。

痛みが伴う

またはハイジニーナ脱毛は痛みが伴います。

太くて濃い毛はメラニン色素が濃いため、脱毛で扱う脱毛機が反応しやすいと言われています。

一般的には「ゴムではじかれたような痛み」と呼ばれることが多いので、痛みに抵抗ある方は注意しましょう。

しかし、脱毛サロンやクリニックでは様々な痛み対策が施されています。

クリニックの場合は、麻酔を使用することもできるので、不安な方は、施術前のカウンセリングで相談してみることをおすすめします。

生理中は施術ができない

生理中は基本的にデリケートゾーンの脱毛はできません。

施術中に経血が出てしまうと、衛生的に悪く脱毛効果も薄れてしまいます。

また生理中は通常よりも敏感肌になっているので、痛みも感じやすいです。

そのため、脱毛予定日に施術が被りそうな場合は、早めに連絡しましょう。

ギリギリや当日になってしまうと、脱毛サロンやクリニックのよって脱毛1回分消化やペナルティが課される場合があるので注意が必要です。

人によっては恥ずかしい

人によっては恥ずかしさを感じることがあります。

施術中は普段に人に見せる機会のない部分見せるわけですから、羞恥心が芽生えて当然です。

また施術後も毛がないことに抵抗がある人は、恥ずかしく感じることがあります。

しかし、自分が思ったより他人は気にしていないのが正直なところです。

恥ずかしさでハイジニーナを躊躇っている方は、気にせず脱毛していきましょう。

VIO脱毛のおすすめデザイン

VIOのデザイン

ハイジニーナはVIO脱毛の一種という話を冒頭にしました。

いきなりハイジニーナ脱毛は恥ずかしいと感じる人も多いので、以下では人気のVIO脱毛をご紹介しています。

  • ハイジニーナ
  • ナチュラル
  • Iライン
  • スクエア
  • オーバル

自分に一番合ったデザインの脱毛をしていきましょう。

ミュゼのハイジニーナ7VIO脱毛コースの口コミと実際の体験レポート

ハイジニーナ

本記事でメインで紹介しているハイジニーナです。

全て剃ることによって日常の自己処理が減り、肌トラブルのリスクやスキマ時間が増えるなど多くのメリットが存在します。

ただし人によっては温泉施設などで羞恥心を感じる人もいるので、気になる方はよく考えてから行うようにしましょう。

また恋人や配偶者がいる場合も、事前に相談するべきです。

ナチュラル

ナチュラムはVラインに沿って、逆三角形に形を整えていくデザインです。

最も自然なデザインにできるので、好き嫌いのわかれないデザインとなっています。

Vラインの内側に揃えることで、はみ出しの心配も少なく、自己処理の負担も格段に減らすことができます。

ハイジニーナのような全て脱毛してしまうことに抵抗がある方は、ナチュラムがおすすめです。

Iライン

Iラインは、Vラインの毛の幅を狭く整える脱毛です。

最もハイジニーナに近く、見た目もほとんど毛がないように見えるデザインです。

毛が少ないので蒸れにくいのが特徴で、面積の小さい水着や下着も着ることができるのでおすすめです。

ただ人によってはおしゃれすぎてしまうので、ハイジニーナより目立つこともあります。

アンダーヘアをおしゃれにしたい方にはおすすめです。

スクエア

スクエアはVIOの毛を四角形に整えていくやり方です。

比較的範囲も狭いので、はみ出すリスクもありません。

またスクエアといっても色々な種類のカタチがあるので、気になる方は各脱毛サロンやクリニックで相談してみましょう。

まったく生えていないわけではないので、比較ナチュラルに見せたい方におすすめです。

オーバル

オーバルとはVIOの毛を楕円形に整えることを指します。

他のデザインと比べても少数派ですが、蒸れも少なく清潔感を保つことができます。

楕円形なので、横幅も狭く、面積の少ない水着や下着も自由に着ることも可能です。

またカタチもナチュラルなので、違和感も少ないのが特徴です。

ハイジニーナ脱毛に関するよくある質問

他にもハイジニーナ脱毛に関するよくある質問について紹介します。

一つずつ確認しておきましょう。

 ハイジニーナ脱毛の男性ウケはどうなの?

参考:これが男性のリアルな意見!ハイジニーナは好き?嫌い?

ハイジニーナ脱毛の男性ウケは半々です。

あるアンケートでは、男性20~30代の約50%がどちらかと言えば嬉しい

40%がどちらかとといえば嫌という結果が出ています。

このように人によっては気にする人もいるので、パートナーがいる方はハイジニーナ脱毛する前に一度相談しておくことにしましょう。

 色素沈着は解消される?

ハイジニーナ脱毛は色素沈着が完全解消に直結するわけではありません。

しかし、自己処理の頻度が減ることによって肌へのダメージが減り、結果的に改善されたケースもあります。

なので、効果がないわけではないので、デリケートゾーンの色素沈着に悩んでいる人はハイジニーナ脱毛をしてみるのも一つの手です。

ハイジニーナ脱毛は自己処理が面倒だと感じる人におすすめ!

ハイジニーナ脱毛のメリットのまとめは以下の通りです。

  • 衛生的
  • 好きなファッションができる
  • 肌トラブルのリスクが減る
  • 出産後のトラブル回避
  • 介護の負担を減らすことができる

となります。

ハイジニーナ脱毛をすることによって、普段の自己処理から解放されるので、ストレスに感じている方にかなりおすすめです。

ただし、毛がないことに抵抗がない人は、元に戻せないので注意が必要です。

ハイジニーナ以外のデザインを迷っている方は、施術前のカウンセリングで相談してみましょう。

プロの観点からそれぞれのメリットやデメリットについて詳しく教えてくれますよ。

ハイジニーナ脱毛を考えている方は、是非本記事を確認しておきましょう。

vio脱毛なんてしない方がいい?VIO脱毛で後悔した人の体験談・恥ずかしい失敗を紹介