自宅で永久脱毛できるの?自宅でできる効果的な除毛方法と自宅でケアできる家庭用脱毛器を8つご紹介!

自宅 永久脱毛

「自宅で永久脱毛ってできるの?」「家庭用脱毛器って効果あるの?」

とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

永久脱毛をしたくてもどこも高くて、諦めてしまった人も多いでしょう。

本記事では、自宅の永久脱毛やセルフケアについてご紹介しています。

永久脱毛について興味がある方は、一度確認しましょう。

永久脱毛は自宅でできるの?

自宅 永久脱毛

結局、自宅で永久脱毛は可能なのでしょうか?

結論から言うと、自宅での永久脱毛は不可能です。

カミソリや除毛クリームなどは、毛自体の処理はできますが、一時的な除毛なので根本的な解決にはなりません。

家庭用の脱毛器も流行っていますが、どうしても出力は制限されてしまうので、完全に永久脱毛するのは不可能です。

自己流の除毛方法で無理やり除毛しようとすると、肌を痛めつける可能性があるので、永久脱毛は専門的な機関のもとで行うようにしましょう。

自宅で永久脱毛ができない理由とは?

永久脱毛 自宅

現在、たくさんの家庭用脱毛器が普及しており、毛が生えなくなると謳った製品が横行しています。

しかし先述した通り、一時的な除毛は除毛でしかないので、根本的な解決にはなりません。

どんなに高価な家庭用脱毛器だとしても、業務用脱毛器の出力には遠く及ばず、毛根は残ってしまいます。

繰り返し使用することで、毛を薄くする効果は期待できますが、永久脱毛は不可能なので使用頻度を増やすなどは控えて、使用には十分注意しましょう

永久脱毛はクリニックでしかできない!

永久脱毛 自宅

ここまでご紹介したとおり、脱毛器は出力が強いほど効果が高いことがわかりました。

出力の強いレーザー脱毛が永久脱毛に一番効果的と言われていますが、脱毛サロンでは強力なレーザー脱毛は扱えないことになっています。

脱毛サロンの脱毛器は、毛根にライトを当ててダメージを与える仕組みになっており、蓄積するダメージが少ない分、効果が薄いとされています。

また永久脱毛は「医療行為」にあたるので、そもそも脱毛サロンでは行えないのです。

もし永久脱毛をお考えなら、是非クリニックで行うようにしましょう。

顔の永久脱毛は医療脱毛がおすすめ!顔脱毛のメリットデメリット、おすすめのクリニックも5つご紹介!

自宅でできる効果的な除毛方法5選

永久脱毛 自宅

家庭用脱毛器等の出力では、限界があるため、自宅での永久脱毛は難しいことが分かりました。

しかし、一時的な脱毛や毛を薄くする方法はいくつかあります。

そんな、自宅で簡単にできる効果的な除毛方法について5つ紹介します。

高いお金を払って永久脱毛に行くのに抵抗がある方は、確認しておきましょう。

除毛方法①:家庭用脱毛器

まず思いつくのは、家庭用脱毛器でしょう。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンと同様の方法が採用されており、ライトを照射して脱毛していきます。

脱毛サロンの業者用の脱毛器には劣りますが、繰り返し使用していくことで、脱毛サロンと同様の効果が得られます。

現在販売されている家庭用脱毛器は、ライト照射とレーザー照射の2つの種類があります。

どちらも毛の「メラニン色素」にダメージを与えて、毛を作るシステムを破壊するメカニズムです。

出力が弱いため、脱毛サロンと同様に永久脱毛は期待できませんが、裏を返せば繰り返し使うことで脱毛サロンと同等の効果は得られるということです。

永久脱毛とはいわず、抑毛や減毛をご希望の方は家庭用脱毛器という選択もアリでしょう。

除毛方法②:電気シェーバー

次におすすめなのが、電気シェーバーです。

価格も家庭用脱毛器と比べても安価で、サロンやクリニックにも推奨されているセルフケア方法です。

比較的使用感もソフトで、直接肌に刃が当たるわけではないので、肌にも優しいです。

一時的な処理にはなりますが、持ち運びもしやすいので、安価で肌に優しく毛の処理をしたい人にはおすすめでしょう。

除毛方法③:カミソリ

自己処理として最も手を出しやすいのはカミソリでしょう。

今はコンビニでも簡単に手に入りますし、持ち運びも楽なので持っている方も多いのではないでしょうか。

しかしカミソリは、刃で直接肌に使用するため、負担がかなり大きいです。

肌表面に傷がつくことで、様々な肌トラブルを可能性も。

そのためカミソリを利用した後は、しっかり保湿をして肌ケアは忘れずに行うようにしましょう。

除毛方法④:除毛クリーム

最近よく見かけるといえば、除毛クリームも有名ですよね。

強力な成分を含んだクリームで、毛の根本から溶かすので、他の除毛方法より少し毛の再生も遅くなります。

しかし強力な成分が入っているがゆえに、肌への刺激を感じる人や強い臭いで気分を悪くする人もいます。

そのため使用した後はカミソリ同様、日常的な保湿をしっかり行いましょう。

除毛クリームが売ってる場所はどこ?買える場所の種類と購入時の注意点

除毛方法⑤:除毛ワックス

除毛ワックスは、クリームに少し似ていますが、乾いた後に毛を引き抜いて処理をします。

そのため、クリームよりも長く毛の再生を遅らせる効果があります。

しかし強力な成分を肌に塗布して、毛ごと強く引っ張って処理するので、毛穴かつ肌への負担が大きいです。

またある程度の長さがないと、引き抜くことが出来ないので、処理前に少し伸ばさなければいけないのも少し気になるところです。

力技での脱毛になるので、肌が弱い人は使用を控えましょう。

除毛方法⑥:除毛テープ

脱毛ワックスと少し似たもので、脱毛テープがあります。

文字通り、脱毛用のテープを脱毛したい部位に貼り、引き抜く方法です。

こちらも毛根まで引き抜くことが出来るのでワックス同様の効果を期待できますが、肌への負担も大きいです。

痛みも強いので、使用には十分注意しましょう。

自宅でケアできる家庭用脱毛器8選

家庭用脱毛器

ここまでで、永久脱毛は自宅では行えない説明をいたしました。

しかし家庭用脱毛器の場合、自宅でも脱毛サロン同様の減毛・抑毛を期待できます。

以下では、おすすめの家庭用脱毛器についてご紹介していきます。

自宅での脱毛を考えている方は、確認していきましょう。

おすすめ①:ザ・マーチャント・オブ・ファクトリーズ「icelady(アイスレディ)」SKB-1808

価格 33,000円(ビックカメラ価格)
ホワイト
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 脚、腕、脇、手、胸(男性のみ)顔(男性のみ)・ビキニライン
本体重量 370g
その他

アイスレディは、医療脱毛をしている女性の声を集めて作られた非常にクオリティの高い家庭用脱毛器です。

通常の脱毛器の場合、肌への負担から続けての使用は禁止されていますが、アイスレディは毎日の使用ができます。

肌への負担が少ないながらも、強い出力で毛に直接アプローチできるので非常に人気の商品となっています。

照射の感覚も1秒未満なので、片手間に行うこともでき、全身に使うことができるので、自宅で簡単に脱毛を経験したい方におすすめです。

おすすめ②:パナソニック「光エステ」ES-WP87-N

光エステ

価格 63,800円(ビックカメラ価格)
ゴールド
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 ボディ・Vゾーン・ フェイス
本体重量 402g
その他

光エステは、皮膚科が直接監修しているので、信頼性もクオリティも高い商品です。

高い出力でムダ毛にアプローチすることができる反面、内蔵されている肌刺激カットフィルターで痛みも抑えられる優れものです。

個人差のある肌の色に合わせて照射できるので、自分に合った処理を自宅で行うことが出きます。

Vゾーンと身体用にアタッチメントが分かれているので、使いやすさを求める方におすすめです。

おすすめ③:ヤーマン「レイボーテ ヴィーナス」STA-209L

レイボーテ ヴィーナス

価格 88,000円(ビックカメラ価格)
アイスブルー
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 フェイス、両脇、両腕、両足、VIOライン
本体重量 440g
その他

ヤーマンのレイボーテヴィーナスは防水仕様なので、お風呂での利用が可能です。

また全身だけでなくVIO用のアタッチメントも同梱されているので、初心者でも安心して脱毛できます。

また肌に優しいソフトモードが搭載されているので、痛みに抵抗がある方もお使いいただけます。

痛みが少ないかつお風呂に入りながら脱毛したい方は、レイボーテヴィーナスを検討しましょう。

おすすめ④:CYDEN「スムーズスキン bare plus」SSBARE-PLUS-BLK

スムーズスキン

価格 9,980円(ビックカメラ価格)
ブラック、シャンパンゴールド
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 顔・ワキ・腕・脚・ビキニライン
本体重量 約200g
その他

スムーズスキンは黒くて、スタイリッシュな見た目の家庭用脱毛器です。

1分間に100回照射できるので、照射間の待ち時間がなく、ストレスを感じずに脱毛が可能です。

また褐色肌を感知してくれるセンサーがついているので、「ブラック」「ホワイト」「ヌード」と3種類の肌色にあった光でアプローチすることができます。

肌の色で敬遠している方は、是非スムーズスキンの利用を検討しましょう。

おすすめ⑤:ブラウン「シルクエキスパート」PL-5223

シルクエキスパート

価格 74,800円(ビックカメラ価格)
ホワイト
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 全身
本体重量 275g
その他

シルクエキスパートは、細かい肌色の違いにも対応しています。

また肌の色自動で感知して光量を調整してくれるシステムが搭載されているため、どんな肌色でも効率的にムダ毛の処理をすることができます。

フラッシュについても、40万回の照射を実現しており、全身の処理で換算するとおよそ24年分に相当するのは驚きですよね。

大体4週間で効果を実感できるので、正確かつ優しくケアしたい方は、シルクエキスパートがおすすめでしょう。

おすすめ⑥:ヤーマン「レイボーテ Rフラッシュ ハイパーPLUS」STA-211L

レイボーテ Rフラッシュ ハイパーPLUS

価格 73,700円(ビックカメラ価格)
アイスブルー
脱毛方法 フラッシュ式
使用可能部位 V・Iライン、腕・脇・足、フェイス、ヒゲ、胸毛
本体重量 約400g
その他

レイボーテ Rフラッシュ ハイパーPLUSはスピーディにムダ毛の処理をしたい方におすすめです。

Wランプと言われるランプで、素早くムダ毛にアプローチできるのが特徴です。

またヘッドにはローラーがついているので、肌の上を転がしながら、スムーズに処理できるのも大きな特徴でしょう。

とにかく素早くムダ毛の処理ができるので、時間がない方におすすめです。

おすすめ⑦:フィリップス「ルメア アドバンス」SC1998/70

ルメア

価格 53,560円(ビックカメラ価格)
シャンパンゴールド
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 顔(あご・もみあげ・鼻下)、からだ(腕、脚、へそ、ビキニエリア・ワキ)
本体重量
その他

皮膚科医と共同で開発された光美顔器で、ヨーロッパでかなりの人気を博しています。
照射のレベルを細かく設定することができ、細かい肌の色の違いで最適な光量を調整してくれます。

しかし肌の色が特に濃い方には、あまり適していないので注意が必要です。

ヘッドが滑らかな作りになっているので、使いやすさを重視する方にはおすすめでしょう。

おすすめ⑧:脱毛ラボ・ホームエディション

脱毛ラボ

価格 71,748円
ピンク
脱毛方法 光脱毛
使用可能部位 顔・ワキ・腕・脚・ビキニライン
本体重量 約277g
その他

高い出力を誇り、脱毛サロンと同様の効果を得たいなら「脱毛ラボ・ホームエディション」がおすすめです。

家庭用脱毛器として、かなり強い照射ができるので、脱毛サロン同様の効果が期待できます。

加えて、痛みを軽減するクーリング機能もついているので、痛みを感じにくい作りになっています。

また重量にもこだわっており、約277gと300mlの飲み物より軽いので、持ち運びも楽です。

高い出力で痛みも少なく、かつ持ち運びができる脱毛器をお求めの方におすすめでしょう。

まとめ:永久脱毛は自宅ではできない!

顔 永久脱毛 まとめ

永久脱毛は「医療行為」にあたるため自宅ではできません。

また脱毛サロンでも、クリニックと比べて出力が低い脱毛器を使用しているため、抑毛や減毛しか期待できません。

無理に自宅で永久脱毛をしようと家庭用脱毛器を頻繁に使用しても、肌トラブルになりかねません。

脱毛サロンや家庭用脱毛器では、永久脱毛の期待はせず、適切な方法に則って使用するべきです。

永久脱毛を考えている方は、しっかりとした専門家のもと行うようにしましょう。

みんなが脱毛したい場所はどこ?経験者が思う脱毛して良かった部位と賢い優先順位の決め方