ミノキシジルの効果と副作用は?効き目を感じる期間や外用薬と内服薬の違いについて解説

ミノキシジルは男性も女性も使用できる、発毛や育毛を促す成分のことを指します。

加えて、脱毛や抜け毛の進行予防の効果が認められているので、薄毛に悩んでいる人にとっては効果的な成分です。

本記事では、ミノキシジルの効果や副作用について紹介しているので、ミノキシジルに少しでも興味があった方は是非ご確認ください。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、鷲のマークでおなじみの大正製薬が出しているリアップと呼ばれる発毛剤に含まれている成分のことを指します。

勘違いされやすいのは、ミノキシジルは発毛剤の名前ではなく、成分の名称になります。

元々、ジョンソンエンドジョンソン社が高血圧用の薬として開発されたのものです。

副作用として、毛髪にポジティブな効果が見られたため、発毛や育毛の成分として再開発されました。

昨今、かなり人気の成分として流行っており、一般医薬品としての販売に加えて薄毛の治療薬としてクリニックで処方されるようになりました。

ミノキシジルの効果

近年、ミノキシジルは発毛・育毛効果のある成分として人気を博してきました。

以下ではミノキシジルの効果について詳しく解説しているので、確認していきましょう。

発毛効果

ミノキシジルは、毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにすることで、毛周期のサイクルを延長させる働きを持っています。

また、「発毛因子」の産生を促し、毛乳頭細胞自体を増殖させる役割があります。

この発毛因子によって、毛母細胞を刺激することで髪の毛の成長に繋がっていきます。

毛母細胞へ栄養素を送る毛乳頭細胞自体を増やす役割もあるので、発毛に関わる全てに良い影響を与えるとされています。

育毛・脱毛抑制効果

ミノキシジルには、毛母細胞の死滅を抑制する役割もあります。

抑制することによって毛周期のサイクルが延長され、育毛・脱毛抑制への効果を発揮することができます。

発毛だけでなく、脱毛抑制効果もあるので、毛髪が増えていく感覚が感じやすいとされています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは成分の名称なので、内服薬と外用薬の2種類があり、それぞれで起こる副作用は変わってきます。

肌に直接塗布する場合と、身体に直接投与する場合で与える影響は異なります。

もちろん副作用は必ず起こるものではなく、継続的に使用してもほとんど副作用は起きないといった結果が出ています。

ただし可能性が0ではないので、事前に知っておくことは重要でしょう。

脱毛

育毛剤を使用する際によく聞くのが「毛が抜ける」という副作用です。

基本的には使用直後に起こるもので、使用開始から数週間~2か月ほどで引き起こされる現象です。

それには毛周期が関係しており、元々休止期だった毛がミノキシジルによって成長期に無理やり変換させられることによって、古い毛が新しい髪の毛になる段階で脱毛が起こります。

使用期間が短いと、初期脱毛だけで毛が増えた感覚がないので、効果がなかったという人もいます。

逆を言うと、脱毛が始まっているということは効果が効いているということなので、引き続き使用することで効果を実感することができます。

動悸・息切れ

ミノキシジルの内服薬を摂取した場合、動悸や息切れを引き起こす可能性があります。

先述した通りミノキシジルはもともと、高血圧用の薬として開発された成分です。

そのため血圧が不安定な方や心臓疾患がある方などが使用すると稀に動悸や息切れを引き起こすケースがあります。

不安な方は、使用前に医師に相談することをおすすめします。

皮膚炎

肌に直接塗布する外用薬の場合、皮膚トラブルのリスクもあります。

かゆみや腫れなどの症状を引き起こすことも。

もちろん発言率はかなり低いですが、塗布した際に違和感を感じた場合はすぐに皮膚科の医師に相談してみましょう。

肝機能障害

ミノキシジルは肝臓の代謝に有効な成分なので、少なからず肝臓にも負担がかかります。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれているので、症状が重くならないと自覚は難しいとされています。

副作用の中でも肝機能への影響はかなり稀なケースですが、症状が重くなると肝不全になるリスクもあるので、注意が必要です。

不安な方は、定期的な血液検査を行い肝機能に異常がないか確認しておきましょう。

頭痛

ミノキシジルは毛細血管の血液の流れをスムーズに促す役割がある分、頭痛を引き起こす可能性があります。

毛細血管の膨張によって、中枢の血液量が減ってしまうと血圧が下がりめまいに繋がることもあります。

使用直後にめまいや頭痛の症状を感じた方は速やかに医師に相談するようにしましょう。

むくみ

また血管膨張によって中枢の血液量が減ることによって、身体は血液量を増やそうとします。

身体の血液量が増えることによって、むくみに繋がっていきます。

むくみは血液量に準じて起こるので、一時的なものにはなりますが、場合によっては違う原因でむくみが起きていることもあります。

どちらにせよ、むくみに対して少しでの違和感を感じるようであれば医師に相談してみましょう。

多毛症

ミノキシジルの内服薬の場合、毛髪だけでなく身体全体の毛組織に影響を与えます。

そのため髪の毛以外が濃くなることもありますが、それはミノキシジルが効いている証拠です。

部分的に毛を減らすには基本的には脱毛しかありませんが、気になる方は医師に相談してみましょう。

心疾患

ミノキシジルは毛細血管を膨張する働きがあるので、心不全の可能性もあります。

可能性は限りなく低いですが、副作用の報告は0ではないので注意が必要です。

過去に狭心症などの疾患を経験したことがある方は使用前に一度医師に相談することをおすすめします。

効き目を感じる期間

ミノキシジルの効果が出始める期間は基本的に半年~と言われています。

もちろん個人差はあるので、人によって効果を感じる期間は前後します。

3か月で効果が出た情報を鵜呑みにしてしまうと、3か月で効果が出ない人にとっては効果がでなかったという結果になってしまいます。

ミノキシジルは長期的な利用を目的に作られているので、根気よく使用することをおすすめします。

ミノキシジルの内服薬と外用薬の違い

ミノキシジルには、身体に直接投与する内服薬と塗布して使用する外服薬の2種類があります。

以下でそれぞれの効果について紹介しているので、詳しく見ていきましょう。

ミノキシジルの内服薬

ミノキシジルの内服薬は、血液に入り込み毛乳頭と呼ばれる部分を通って発毛効果を促します。

外用薬と違って直接身体に入れるので、外用薬より効果が高いとされています。

薄毛改善の内服薬ではありますが、国内において臨床試験が行われていないので、薄毛の治療薬としては大々的に推奨されていないのは事実です。

それも、元々高血圧用の成分として開発されたので、循環器系に影響及ぼす確率が比較的高いことが関係しています。

しかし医師のアドバイスの元、服用することで高い育毛効果を得られるのも事実です。

使用する際は、医師のアドバイスを受けましょう。

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルは頭皮に直接塗布することによって、成分が毛根まで届き効果を発揮します。

ただし外用薬の市販品は濃度が5%までと決められているので、効果を感じる人が少ないのが事実です。

ミノキシジルは血管に作用する成分なので、頭皮から塗布しても成分が血管に届くことはありません。

濃度は高ければたかいほど育毛効果を期待できるうえ、外用薬だと血管にまで作用されないので、ミノキシジルの外用薬はあまりおすすめしません。

AGAクリニックに行けば、濃度の高いな内服薬を処方してくれるので、薄毛に悩んでいる方は内服薬を使用するようにしましょう。

ミノキシジルを個人で輸入する際は注意

ミノキシジルは個人で高濃度の治療薬を輸入することができますが危険です。

インターネットで探せば簡単に海外から個人輸入することができますが、様々なリスクもあります。

国内で販売されている医薬品は「医薬品医療機器等法」に基づいているので、安全が保障されています。

そのため個人輸入した治療薬は安全性が確保されていないので、多くの健康被害を及ぼすケースが後を絶ちません。

また効果が保証されているものでないと、偽物を購入する可能性もあるので、育毛以外でのトラブルを引き起こす可能性もあります。

このような事態を招かないためにも、ミノキシジル配合の育毛剤は国内でしっかり医師に処方してもらうのが良いでしょう。

ミノキシジルによくある質問

ミノキシジルは、最近聞くようになった言葉でもあるとおり、知らないことが多い成分です。

そのため何も知らずに使用してしまうと思わぬ健康被害が生まれることもあるので、使用には十分に注意しましょう。

外用薬と内服薬の併用

外用薬と内服薬を同時に使用すれば効果が倍増するのかという疑問を持つ方も多いと思いますが、併用は絶対しないようにしましょう。

どちらの副作用を引く起こす可能性があるので非常に危険です。

内服薬を使用する際は特に医師のアドバイスの元、服用するようにしましょう。

肌荒れしていても使用はしていいか

肌荒れしている部分への外用薬の使用は控えておきましょう。

特に生傷がある場合などは、修復が遅れたり傷が悪化する可能性があります。

使用する際は完治してから使用するようにしましょう。

外用薬に効くのはどのような症状の場合か

ミノキシジルの外用薬が対象にしているのはAGA「男性型脱毛症」、FAGA「女性男性型脱毛症」、壮年性脱毛症などを対象にしています。

それ以外の円形脱毛症などの症状の場合は、効果を実感できない可能性があるので、上記以外の脱毛症状の方は医師に相談してみましょう。

ミノキシジルは内服薬がおすすめ

ミノキシジルは、効果が十分に期待できる分、副作用が多いのも事実です。

ミノキシジルの副作用は以下の通りです。

  • 脱毛
  • 動悸・息切れ
  • 皮膚炎
  • 肝機能障害
  • 頭痛
  • むくみ
  • 多毛症
  • 心疾患

となります。

もちろん全て起こる可能性は極めて低いことが前提です。

医師の元、正しいミノキシジル配合の内服薬と正しい方法で使用すれば、効果が出ることが実証されています。

本記事を読んで、ミノキシジルが気になる方は是非確認してみてください。

チャップアップって効果ある?口コミやメリットデメリット・購入方法についてご紹介!