体毛が濃くなるのはどうして?改善方法やおすすめの処理方法について解説

自分の身体の一部分の体毛が濃いと気になるのは当たり前です。

体毛は遺伝」とよく言われますが、本当は何が原因なのか気になりますよね。

最近では中性的な男性が増えて体毛が濃いことを気にする人も多くいます。

本記事では、体毛が濃くなる原因や改善方法や処理方法についてご紹介しています。

是非確認しておきましょう。

脱毛の準備は何をすれば良い?事前準備・自己処理のポイントと注意点

体毛が濃くなる原因とは?

体毛が濃くなる原因は、色々な迷信が飛び交っており何が真実かわからないですよね。

以下では、体毛が濃くなる原因について紹介しているので、自分の体毛がなぜ濃いか確認してみましょう。

遺伝

一番体毛が濃い原因として有名なのは、「遺伝」の問題です。

血縁関係に体毛が濃い人がいると、遺伝を継いで体毛が濃い可能性があります。

人間の身体の毛穴は遺伝するので、体毛が濃いかどうかはある程度生まれた時点で決まってしまいます。

しかしあくまでこれは確実なデータに基づいているわけではなく、自分の祖父や祖母の体毛が濃いと「隔世遺伝」によって毛が濃くなることがあります。

刺激

人間の体毛は男性ホルモンによって生えてくるのが基本ですが、肌への刺激があることによって体毛が濃くなることもあります。

人間の身体は怪我をした部分の皮膚を守ろうとして修復していきます。

その仕組みが関係して、怪我をした部分の毛が濃くなったり、毛の量が増えることがあります。

個人差がありますが、そういったデータも存在しています。

食生活

体毛の濃さは食生活が影響していることもあります。

体毛が生えるのは、一定に保たれているホルモンバランスが何らかの理由によって崩れることで引き起こされます。

特に男性ホルモンが多いと、体毛が濃くなる傾向にあります。

ホルモンの乱れは食生活や喫煙などお生活習慣によって大きく変わります。

人間は常に食事をしているので、食事から受ける影響は非常に大きいです。

特に肉などの高たんぱくな食事や油の多いカップ麺などは良くありません。

体毛が濃くなって悩んでいる人は、一度自分の食生活を見直すようにしましょう。

男性ホルモン

体毛が濃くなる根本の原因は、「ホルモンバランス」が一番関係しています。

人間の身体は男女にかかわらず男性ホルモンと女性ホルモンどちらも体の中に存在しています。

しかし何らかが作用して「テストステロン」という男性ホルモンが増えることにより二つのホルモンバランスが崩れ、体毛が濃くなるという仕組みです。

「テストステロン」は本来は男性らしさを象徴するものなので、決して悪いホルモンというわけではありません。

よく男性ホルモン単体が悪いというイメージで、女性ホルモンを増やすために、過度に女性ホルモンを投与するケースがありますが、健康を害するので絶対にやめましょう。

体毛を薄くする方法とは?

体毛はほとんど先天的なものなので、根本的な解決にはなりませんが、努力次第で今より多少体毛を薄くする方法はあります。

以下では、体毛を今より薄くする方法について紹介しているので確認していきましょう。

体毛を薄くする方法とは?ムダ毛を撃退できる正しい生活・食事習慣と毛の処理方法

バランスの良い食事

まずはバランスの良い食事をとりましょう。

一般的に毛を薄くするのは「大豆製品」と言われています。

体毛が濃くなる原因は男性ホルモンの増加によるホルモンバランスの乱れです。

大豆製品のイソフラボンには、女性ホルモンに似たエストロゲンという成分含まれているので、ホルモンバランスを均等に保つことができます。

しかし大豆製品の過剰摂取もまたホルモンバランスの乱れに繋がります。

何事も食べすぎは良くないので、1日70~75mgの摂取が好ましいでしょう。

一般的な豆乳が200mlで25gほどなので多くても3杯までがおすすめです。

質の良い睡眠

短い睡眠時間や質の悪い睡眠によって自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れることがあります。

質の良い睡眠をとるには、寝る前のスマホやカフェインは控えるようにしましょう。

また普段間接照明を付けながら寝ている方は、真っ暗にしているとより質の良い睡眠ができるようになります。

時間がある方は7~8時間の睡眠時間は確保するようにしましょう

習慣的な運動

習慣的な運動で筋肉を付けましょう。

習慣的な運動によって筋肉がつくと、身体の代謝が上がります。

代謝上がると身体も冷えにくくなるので、毛も生えにくくなります。

またストレスをためることによって、ホルモンバランスも乱れていくので、ストレスを溜めないためも、適度な運動は日常的にしていくことをおすすめします。

紫外線対策

肌への刺激は、体毛の濃さにも繋がります。

紫外線を浴びると肌の下のメラニン色素が活発化して、ダメージか守ろうと働きます。

極端に対策する必要はありませんが、少し気にしておくだけでも変化に気づくことができるでしょう。

おすすめの体毛処理方法

おすすめの体毛処理方法

しかし体毛が気になると、すぐに処理したくなるものですよね。

以下では、お勧めの体毛処理方法について紹介しているので、体毛に悩んでいる方は是非確認してみましょう。

カミソリシェービング

最も一般的な脱毛方法のシェービングです。

シェービングは、薬局やバラエティショップ、コンビニで売っているいわゆる普通のカミソリを使ったシェービングのことです。

カミソリは処理方法の中でもかなり肌を傷つけやすいので、何もつけずに剃る「カラ剃り」や力任せに剃るなどは絶対にNGです。

利用する際は、シェービング用のクリームをつけて、なるべく摩擦を起こさないように心がけましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは手間のかからない脱毛方法の一つですが、肌への刺激も強いため利用には注意が必要です。

一般的な脱毛とは違い、毛を溶かす成分で一気に除毛していくので、同時に肌トラブルの原因にもなります。

強い成分であることは間違いないので、日常的に使用することはおすすめしません。

しかし一時的に除毛する場合は、かなり楽なので除毛に時間がない場合はおすすめでしょう。

電気シェーバー

電気シェーバーは肌を傷つけにくい脱毛方法としておすすめです。

網刃と内刃と呼ばれる二つの刃によって直接肌に触れることなく脱毛できるので、肌トラブルが起きにくいのが特徴です。

網刃が皮膚の上にある毛を持ち上げて、内刃で持ち上げた毛を剃ることによって、毛を刈り取ります。

誰がやっても肌を傷つ付けずに脱毛することができるので、脱毛サロンやクリニックの施術前の自己処理方法として推奨されています。

カミソリや除毛クリームより高くついてしまいますが、手間や仕上がりを考えると、お得でおすすめです。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は気軽にで自宅でエステの脱毛を体験できる優れものです。

カミソリや電気シェーバーとは違い、光で毛根にダメージを与えていくので、毛が生えてくる根本的な解決方法へと導きます。

しかしよく勘違いされるのは、永久脱毛ができないということです。

永久脱毛は医療行為に当たり、医師が在籍している医療クリニックでしか行うことができません。

また利用する際に注意点もいくつかあります。

光脱毛は、毛根に光で熱を与えて脱毛していく方法なので、長い時間照射したり、荒れた肌の上に使用した場合、肌トラブルが起きるリスクがあります。

どの家庭用脱毛器にも使用上の注意が記載された説明書があるので、しっかり読んで問題ないことが確認出来てから使用しましょう。

サロンやクリニックで脱毛

最後はサロンやクリニックで根本的に脱毛を行うことです。

脱毛サロンやクリニックでは、光やレーザーを使用して、毛根のにダメージを与えて、毛が生える組織自体を弱らせていきます。

そのた目永久脱毛さえしてしまえば、一生自己処理がいらない身体を手に入れることができます。

しかし注意したいのは脱毛サロンでは永久脱毛ができないということです。

先述した通り、永久脱毛は医療行為に当たるので、脱毛サロンでは永久脱毛することはできません。

本当に体毛が濃くて悩んでおり、日常的な自己処理から抜け出したい方は医療クリニックで永久脱毛することをおすすめします。

よくある体毛に関する迷信

体毛は誰もが気になることであり、体毛に関する迷信はいくつかあります。

以下ではよくある体毛の迷信についての真偽を紹介しているので、確認して勘違いしないようにしておきましょう。

毛が剃ったら濃くなる

まず「毛を剃ったら濃くなるのか」という問題に対して答えはNOです。

毛が生える仕組みは皮膚下の毛包部分が関係しているので、毛を剃ったぐらいでは毛包に刺激がいくことはありません。

日本の女性のほとんどは日常的に毛を剃っていますが、明らかに毛が濃くなっている様子はありませんよね。

そのため毛を剃ったら毛が濃くなるという医学的根拠はないのです。

しかし毛を剃っても剃っても毛は生えてくるので、濃くなったと勘違いしてしまうことが原因とされています。

それでも肌を極端に怪我した人で毛が濃くなったという人もいますが、日常的な自己処理で毛が濃くなることはないので、気にせず処理していきましょう。

体毛が濃いと禿やすい

「体毛が濃いと禿やすい」という迷信は半分あっていて半分間違っています。

「ジビドロテストステロン」という男性ホルモンが関係しており、髪の毛が生えるサイクルを乱れさせて結果的にハゲに繋がるとされています。

体毛を濃くする原因ほ男性ホルモン「テストステロン」は、ハゲの原因物質「ジビドロテストステロン」の原料でもあります。

「テストステロン」と代謝酵素が融合することによって、毛の成長が抑制されてしまうのです。

この代謝酵素は体毛が濃いと分泌されやすいという結果も出ているので、このあたりが体毛が濃いとハゲやすいという言われる原因になるでしょう。

体毛が濃くても処理すればいい

体毛が濃くなる原因と処理方法についていくつか紹介してきました。

体毛は遺伝と言われてきましたが、個人の生活習慣も少なからず影響すると言われています。

そのため体毛を薄くしたい場合は、生活習慣を見直すことが大切です。

また根本的に体毛を失くしたい方は、脱毛サロンやクリニックで脱毛してもらうことをおすすめします。

特に女性や日常的な自己処理は、肌トラブルのリスクや手間を考えると非常にストレスです。

クリニックによっては数回で脱毛完了することができるので、検討してみてください。

【2021年最新】全身脱毛おすすめサロンランキング!人気10社の効果や料金を徹底比較