VIO脱毛の形はどれがいい?男ウケが良いアンダーヘアの形と正しい作り方を解説

Vラインの形

女性であれば一度は気になるVラインの形。友人に聞くにも聞けないデリケートな部分ですよね?

彼ができてVラインをどうにかしたいけど、やりすぎも良くないと思うし・・・みんな、Vラインはどうしているんだろう。

男性は、Vラインの形って気にするのかな?男性が好むVラインってどんな形なんだろう。と、悩みが尽きず困っていませんか?

一度、脱毛をしてしまうと、しばらく毛が生えてこなくなるので、失敗は許されません。

そんな今、世間の女性たちのVライン事情を今回は、あますことなくご紹介していきたいと思います。

あなたも、男性受けのいいVラインになれるように、しっかりと確認していきましょう。

VIO脱毛で後悔した人の体験談を公開!アンダーヘアの恥ずかしい失敗まとめ

目次

Vラインの人気の形6選

一番気になるVラインの形。世の女性はどのように決めているのでしょうか。

Vラインは他人から見て一番目に入る部分です。Vラインを整えているかどうかで、男性からの印象も変わります。

Vラインの施術をした女性に人気の形をご紹介していきます。この中からあなたの好むVラインの形を見つけてみてください。

①ナチュラル

ナチュラルなVライン

一番人気はナチュラルです。ナチュラルは、形は自然のまま丸みを残し、上部分のいらいない毛を脱毛している形になります。

ナチュラルの一番人気の理由は処理をしてなさそうに見えるところです。

あまりにもあからさまだと、気合を入れすぎているように見えて逆に恥ずかしいという控えめな女性たちに人気です。

一番無難な形なので、迷っている女性はまずナチュラルから始めてみるのはいかがでしょうか。

②トライアングル

トライアングル型のVライン

2つ目はトライアングルです。名前の通り、楽器のトライアングルに似ていることから名づけられた形です。

逆三角形で、正面から見える毛も残しつつ、わりと自然に近い形から女性に人気です。

小さなビキニなどを直用する場合、上部を直線にしておくことで、はみ出す毛をおさえることができるんです。

夏はよく海に行く!けど、やりすぎずナチュラルな感じにしたい!という方ならVラインがおすすめですよ♪

③オーバル

オーバル型のVライン

3番目はオーバルです。オーバルは正面からみると縦長な丸の形をしています。

サイドの毛も脱毛し、女性の割れ目の部分をカバーしている形です。

少々勇気のいる形ではありますが、はみ毛の心配もありませんし、正面からもしっかりと毛が見えるので男性受けもわるくはありません。

生理中の蒸れも感じにくく女性に人気の形です。

④スクエア

スクエア型のVライン

スクエアは、長方形の形になります。正面から見ると、しっかりと角がわかるような脱毛方法です。

誰から見ても「脱毛しているんだな」と分かるような形です。

整っているのが好きな女性には人気です。しっかりと正面からも毛が見えているので、男性もそこまで気にならない形です。

男性が脱毛してくれてる女性が好きというタイプなら、このあからさまなスクエアタイプがおすすめです。

⑤Iライン

Iライン

5位はIライン。こちらも名前の通り、前から見るとIの文字に見える棒状に毛を残している形です。

ハイジニーナにはしたくないけど、極力毛をなくしたい!という場合なら、Iラインがおすすめです。

見た目に慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、いつも清潔にしておくことができるので、わずらわしい毛をどうにかしたい!という女性にはおすすめです。

⑥ハイジニーナ(無毛)

ハイジニーナ

6位はハイジニーナです。ハイジニーナとは、Vラインの毛を無くすということです。

なので、正面からみても毛が一切ないように見えます。ハイジニーナは老後に向けて、介護のことを考えハイジニーナをする女性も増えているんですよ。

とにかく、毛を無くしたい。いつでも、清潔でいたい!という女性であればハイジニーナがおすすめです。

ハイジニーナは温泉などに行くと二度見されてしまうこともありますが、気にならないという女性にはおすすめです。

しかし一度脱毛をしてしまうと、なかなか生えて来なくなるので、初めからハイジニーナにするのはおすすめできません。

他の形を一度試して、ハイジニーナを検討することをおすすめします。

女性のVIO脱毛に対する男性のリアルな本音

男性に人気のVラインの形はナチュラルです。

「いかにも脱毛しています!と言う感じじゃなく自然に整っていて好感度があがる」「やりすぎも、男慣れしてるのかな?と思って冷めてしまうので、ナチュラルに整っているのが好きです」という意見がありました。

やはり、なにもしていないのは嫌だけど、やりすぎてる感じは嫌だ!という男性の意見に理にかなっているのはナチュラルな形のようです。

男性ウケ1位のVラインの形はナチュラル

まず、男性はVラインを本当に気にしているのでしょうか?実は男性の中で3人に1人は「Vラインを整えてほしい」と思っているんです。

理由としては「清潔感があり交換がもてる」「生え散らかった毛をみると一瞬冷める」というものです。

整えて欲しいとそこまで思っていない男性でも、「整っていないより、整っている方がいいけど、そこはそこまで気にしない」という意見もあったので結果的には「整っている方が男性は嬉しい」んですよね。

ハイジニーナ(無毛)も否定派は意外に少ない

女性でも気になっているハイジニーナ。男性受けはどうなんだろう?って思いますよね。

実は、意外とハイジニーナの否定派は少ないことがわかりました。

女性と初めての夜、脱いだら毛がない!!とびっくりする男性も多そうですが…

賛成派の意見としては「いかにも清潔そうだし、逆に興奮できる」「しっかり女性のデリケートゾーンを見れるので好き」とのことでした。

しかし、引いてしまう男性もいることも確かです。結婚を考えている男性がいて、その男性がハイジニーナが好きというのであればハイジニーナにするなど考えたほうがいいんじゃないかな。と思います。

ハート型などの派手な形は男性ウケ悪し

Vラインは形をつけることも可能です。代表的な形で言えばハート型。

女性の自己満足でハート型にするのはいいかもしれませんが、男性からの受けはいまいちのようです。

「AV女優なのかと目を疑ってしまった」「こなれている感じがして萎えてしまう」という、男性に慣れている感がして嫌だと言う意見が目立ちました。

Vラインの形を決める時は慎重に考えましょう。

専門家がおすすめするアンダーヘアの形とは?

アンダーヘアの形を整えたいとは思っていても、どんな形にすれば良いのか特に希望がない、という方も多いのではないでしょうか?

温泉で周りに見られたり、彼氏や夫に見られたりしない限りは、どんな形にしていても大丈夫でしょう。

しかし、アンダーヘアの形というのはその人を表すものでもありますし、維持やケアが難しい部分もあります。

どんなアンダーヘアの形がおすすめなのかをケース別に紹介していきます。

特に希望がない方はナチュラル型がおすすめ

特に希望がない方は、ナチュラル型がおすすめです。

自然な形にすることで周囲に笑われることがなくなるというのも一つあります。

ただ、ナチュラル型にしておくことは、それ以外にもメリットがあります。

例えば、眉毛の形を考えてみましょう。元々の形を維持しながらデザインをするのが、最もその人に合った形になると思いませんか?

大きく眉尻を吊り上げたりしようとすると、維持が大変になります。頻繁にケアをすることで、赤みや痛みの原因にもなってしまいますよね。

アンダーヘアも同じで、元々の形をある程度残すことでその人に最適なデザインになり、リスクも減るのです。

おしゃれさを求めたい方にはミニナチュラルスクエアがおすすめ

おしゃれな女性の間で最近はやっているのが、「ミニナチュラルスクエア」という形です。

正方形や長方形に丸みを帯びた形を小さく残しておくことで、しっかり整えている印象を与えますし、毛が水着やショーツからはみ出る心配もありません。

デザイン性と機能性を重視した形と言えるでしょう。

お手入れを楽にするには、ハイジニーナ、いわゆる無毛状態にするのが一番だと思っていませんか?
実は、無毛状態にしたらしたで、その状態を維持するためには意外と労力を必要とします。

ミニナチュラルスクエアは、処理の手間が少ない最も良い形と言えます。

まず、ミニナチュラルスクエアは毛が生えている面積が少ないので処理が楽です。

更に、毛が生えているほうが長さを調整する際にハサミを使えるなど、処理が楽なのでおすすめです。

衛生面を重視するならハイジニーナがおすすめ

衛生面を重視するなら、いわゆるハイジニーナが最もおすすめです。

アンダーヘアに排泄の汚れが付着すると、見た目が汚いだけでなく肌荒れ・かぶれの元にもなります。

特に生理中に経血が毛に絡んで、トラウマになっている方も少なくないでしょう。

ハイジニーナにすることで下着の履き心地が良くなったり、蒸れがなくなったりすることもあります。

VIO脱毛で作りにくい形とは?

VIO脱毛で作りにくい形

VIO脱毛では、どんな形も自由自在に作成できる訳ではありません。

VIOの中でも抜けやすい部位、抜けにくい部位があり、キャンバスのように自由な形にすることが非常に難しいです。

デルタゾーンで見ると、粘膜の上あたりが非常に抜けやすく、粘膜周辺が比較的抜けにくいです。

デルタゾーン全体の毛へ照射をした場合、粘膜の上部分はいち早く産毛のように細くなる一方で、粘膜周辺には太くて濃い毛が長期間しぶとく生えている状態になります。

粘膜周辺の毛に大きな手を加える場合は、自然と全体の回数も多くなってしまいます。

VIO脱毛は医療脱毛とサロン脱毛どちらがおすすめ?

VIO脱毛は、美容外科などに依頼するケースと、エステサロンに依頼するケースがあります。

医療脱毛を選ぶ方は、ナチュラル、トライアングル、ハイジニーナなど定番のスタイルにすることが比較的多いです。

医療脱毛は効果が高く、短期間で効果が見込めるのが魅力です。ただし、医師・看護師による処方ではあるので、複雑なデザインなどは対応していないケースが多いです。

対してエステサロンは美容という括りになるので、デザイン性に優れた形にも対応していることがあります。

何を目的にするかによって、医療脱毛を選ぶかサロン脱毛を選ぶかは異なります。

Vラインの形を整えたい方におすすめの脱毛サロン

Vラインの人気の形や、Vラインを整えると男性受けがいいことがわかりました。

脱毛サロンでVラインを脱毛した方がいいと言うけど、おすすめの脱毛サロンはあるの?と気になっちゃいますよね。

ここからは、Vラインの形を整えたいあなたにおすすめの脱毛サロンを紹介していきます!

VIO脱毛が安い脱毛サロンランキング!人気サロン・クリニックの料金を徹底比較

ストラッシュ

ストラッシュ

VIO脱毛料金 96,030円
コース内容 V、I、Oの1箇所×12回=32,010円

脱毛サロンのストラッシュは部分脱毛も可能。Sパーツ脱毛と呼ばれ、あなたが気になっている部分のみを脱毛してくれます。

12回で32,010円で、1回の施術が2,667円で行えます。1回施術を行うと毛周期の関係で1~2カ月開けなければいけません。だとすうと、1か月3,000円もかからずVラインの処理ができてしまいます♪

またストラッシュは、ミュゼなどの人気サロンに比べ予約が取りやすいです。忙しい女性にとってはストラッシュは穴場の脱毛サロンです。

ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

ミュゼ

ミュゼ

VIO脱毛料金 180,000円
コース内容 ハイジニーナ7VIO脱毛コース デイプラン(12回)

脱毛サロンといえばミュゼ!ですよね。

ミュゼは毎月行えるキャンペーンで全身脱毛・ヒザ下脱毛の年間パスポートで1000円以下で、脇とVラインが通い放題などお得にVラインを脱毛することができます。

ミュゼの欠点は予約が取りづらいことです。格安で脱毛することが出来るので、その分、通っている女性も多いんです。なかなか希望の日は取れないという方も。

ミュゼの専用アプリの空き通知機能を使って上手に予約をとる必要があります。

ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

プリート

プリート

VIO脱毛料金 102,000円
コース内容 スタンダードコース(12回)

プリ―トという脱毛サロン、聞きなれない方もいるのではないでしょうか。プリートは、VIO専門脱毛サロンです。

専門店だからこそ、他サロンよりもVIOに関する知識も豊富で安心して脱毛をおまかせすることができるんです。

またVIO脱毛だけでなく美白ケアを行ってくれます。VIOというえばどうしても、ショーツなどでこすれてしまい色素沈着をおこしてしまう部分です。

プリートでは、そんな女性のデリケート事情を考え脱毛の施術後に美白ケアも行ってくれるので、脱毛のあとはつるつるでキレイなお肌になれること間違いありません。

より清潔なVIOを目指すならプリートがおすすめですよ♪

プリートのVIO脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

Vラインを上手に自己処理するコツ

VIO脱毛はやっぱり恥ずかしい!という女性のために、Vラインの自己処理を上手にする方法をご紹介していきたいと思います。

VIO脱毛を自己処理でする時の正しい剃り方をチェック!アンダーヘアのセルフ処理を成功させるコツ

ペンで理想の形を下書きする

実際にペンであそこにマークを付けて、どんな形にするのか分かりやすくしておきましょう。

こうすることで形がきれいに作れますし、左右対称にしやすくなります。

下書きの範囲外の毛をハサミでカットする

下書きの範囲から外れた毛は、ハサミで短くカットしておきましょう。

生え際からまっすぐ毛が生えるくらいに短くしておくと、カミソリやシェーバーで処理がしやすくなります。

また、長さのメリハリをつけることで形をつくりやすくなります。

電気シェーバーを使う

まず、形をどのようにするか決めましょう。闇雲に剃っていくと、形がバラバラになってしまい余計に整っていないVラインになってしまいます。

まずは、Vラインの形を決めて、その形に添って電気シェーバーで輪郭を作っていきましょう。

カミソリなどは、毛が残ってしまう可能性もあり、キレイに剃りづらいです。

短くカットしてから蒸しタオルで温める

Vラインの毛は、他部位の毛よりも剛毛ですよね。

剃りづらい!と感じてしまうと思うので、最初は、剃る部分を短くカットしてみるのもおすすめです。

そうすると、形も整いやすくなり、短く切った毛だけあとは電気シェーバーで剃るだけでOK。

また、Vラインの毛は乾いていると剃りづらいので、蒸しタオルで温めてから剃るようにするとケガを防ぎ、剃りやすくなります。

全剃りして2~3回照射する

アンダーヘアを自然な形にしたいなら、まず全剃りをした上で2~3回は家庭用の脱毛機で照射をするのがおすすめです。

最初に照射をすることで毛質が柔らかくなるので、毛のはみ出しが少なくなります。

また、VラインとIラインが自然につながった仕上がりにしやすくなります。

鏡は必須で利用する

VIOをセルフ脱毛する際に、目視で確認しながらムダ毛を整えていく人がいます。

ただ、このやり方は失敗する可能性が高いです。

上から見下ろして確認できる状態は、正面から見た時の状況と異なるので、出来上がりとイメージにズレが生じてしまいます。

こうした状況を防ぐためにも、鏡を用意して必ず正面から見た時の出来栄えも確認しながら、進めていきましょう。

プレートを用意する

VIOの見本の形になっているプレートがあると、自己処理が非常にやりやすくなります。

プレートは実店舗での取り揃えは中々ありませんが、ネット通販などで比較的簡単に見つけることが出来ます。

また、脱毛サロン・クリニックでプレートを無料贈呈しているところもあります。

VIO脱毛に関する良くある質問

VIO脱毛に関する良くある質問

VIO脱毛は一般的に痛みが強いといった話もあり、はじめて脱毛をする方からすると不安な点も多くあるかと思います。

ここからは、VIO脱毛のよくある質問について、分かりやすく回答していきます。

VIO脱毛はどれくらい痛いの?

VIOは一般的に、全身の脱毛の中でも痛みが最も強い箇所だと言われています。

デリケートゾーンの皮膚は他の部位と比べても薄い上、太くて濃い毛に光やレーザーが強く反応するのが大きな理由です。

痛みが少ない脱毛機を導入するサロン・クリニックも増えているので、事前にしっかりチェックをした上で、選びましょう。

VIO脱毛って恥ずかしくないの?

VIO脱毛をする時は、恥ずかしいポーズをさせられたり、デリケートな部位を凝視されたりするのではないかと、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

実際にサロンやクリニックでVIO脱毛をする際は、ショーツを被せて手元のみが見えるように工夫をしてくれるので、そこまで恥ずかしさを感じることはないでしょう。

施術中もスタッフとは目が合わないように工夫をするなど、細かい配慮をしてくれるので、人見知りで緊張してしまいがちな方でも問題は起こりにくいです。

デザインを整えたのにしっくりこない時はどうする?

デリケートゾーンの生え際を好きな形に整えただけでは、VIOの形を綺麗に作ることができません。

毛根から硬くて太い毛がピンっと伸びている場合、外から見た時にまとまりのない状況になってしまいます。

VIOのデザインを綺麗に整えるには、毛根を少し弱らせて、しなやかな毛を作る必要があります。

毛が生えてほしくない部位は完全に減毛、抑毛させて、毛を残す部分は一度全剃りをした上で2~3回の施術をして、おさまりの良い毛質に変化させます。

整えたアンダーヘアはどうケアする?

一度アンダーヘアを整えたら、丁寧なケアを継続的におこなうことをおすすめします。

サロンやクリニックで形を整えたら、ムダ毛を自己処理する手間はグッと減ります。

ただし、毛が無くなった部分が荒れやすくなったりと、注意すべき点もいくつかあります。

VIO専用の保湿クリームなども現在は販売されているので、積極的に利用していきましょう。

形を整えるのに失敗して後悔しないようにしよう

自己処理でVラインを整える時は、形を失敗しないように気を付けましょう。

上から見る形と、正面から見る形は少し違います。上から見て上手くいったと思っても正面からみるとガタガタだったりするので、鏡を見ながら少し遠目で確認するようにしましょう。

やっぱり、失敗するのがコワイ!というのであれば、プロのスタッフに任せてみることも検討してみてくださいね♪