アンダーヘア(陰毛)は何センチに切って整えれば良い?おすすめの長さと処理方法を解説

アンダーヘアの毛の長さ

「VIOゾーンの長さを整えたいけれど、どれくらいの長さにすれば良いのか分からない」「VIO脱毛でどれくらいの長さにするか迷っている」そういった悩みを抱えている人も多いでしょう。

このページではVIOゾーンを処理する際のおすすめの長さと、VIO脱毛で人気の長さについて解説していきます。

またVIOゾーンを自己処理する際のポイントについても解説してくので、そちらも参考にしてください!

VIO脱毛の形はどれがいい?男ウケが良いアンダーヘアの形と正しい作り方を解説

Check
おすすめサロン「キレイモ」

キレイモ

料金(全身脱毛6回コース) 月額3,000円(税込)から
対象部位 全身33箇所(顔・VIOを含む)
割引特典・キャンペーン 学割:最大20,000円割引
おともだち紹介割:最大20,000円ずつキャッシュバック
のりかえ割:最大20,000円割引
ペア割:1名につき最大20,000円割引
母娘割:1名につき最大20,000円割引
予約の取りやすさ

キレイモは効果と費用のバランスが良い、コスパ良好な脱毛サロンの代名詞です。

人気サロンでありながら予約の取りやすさにも力を入れており、申し込みやすいのも魅力です。

近年ではキャンペーンにも力を入れており、他サロンからの乗りかえでも非常にお得にすることが出来ます。

\【期間限定】月額が2か月間無料になるキャンペーン実施中!/

キレイモの詳細をチェック

アンダーヘア(陰毛)はどれくらいの長さにすれば良い?道具ごとのおすすめの長さを解説

アンダーヘアを整える際には、皮膚から2〜3センチを目安に自己処理すると良いでしょう。

ただし処理に使う道具によって、おすすめの長さは異なるため、詳しくは次から解説していきます。

ヒートカッターを利用するなら2センチの長さがおすすめ

ヒートカッターとは熱で毛を焼き切る処理道具のことで毛先が熱で溶けて丸くなるため、ハサミと違って、処理後の毛が肌に刺さる感覚がありません。

またヒートカッターは家電量販店や脱毛サロンなどでも買えますが、Amazonや楽天市場などのECサイトであれば2000円程度で購入できるためおすすめです。

なおヒートカッターを利用する際には、熱戦部分を押し当てないようにしましょう。

熱戦部分を押し当ててしまうと毛先が丸くなりませんし、火傷にもつながります。

ハサミなら3センチの長さもおすすめ

手早くVIOゾーンを処理したい!という場合は定番のハサミを利用すると良いでしょう。

ただしハサミで毛を処理するとどうしても切り口が鋭角になるため、あまり短くしすぎると肌に刺さるような感覚があります。

そのためハサミを利用する場合は、皮膚から3センチ程度に整えておくとチクチク感が少なくなるためおすすめです。

なおアンダーヘアは平均して1日に0.2ミリずつ伸びていくため、ハサミで3センチをキープするためには1週間に1度くらいのペースで整える必要があります。

アンダーヘア(陰毛)の長さを整える際のポイント

ここからはデリケーゾーンを整える際のポイントを解説していきます。

VIO脱毛をする前の自己処理でも利用できるため、脱毛を検討している方もチェックしておきましょう!

蒸しタオルで温めると手入れがしやすくなる

デリケートゾーンを自己処理する際には、あらかじめ蒸しタオルを当てて処理する毛を柔らかくしておきましょう。

そのままの状態で処理しようとすると毛が引っかかりやすいですし、ポロポロと毛が落ちるため、処理した後の毛を捨てるのが面倒になります。

なお蒸しタオルはタオルを水に濡らし、ビニール袋に入れて電子レンジで30秒から1分ほど温めると簡単にできるため、おすすめです。

上記の方法は洗顔やシャンプー前にも応用できるため、覚えておくと便利です。

ただし電子レンジで蒸しタオルと作る際には、破裂を防止するためにビニール袋の口は必ず開けておきましょう。

お腹に向かって短くすると自然に仕上がる

「デリケーゾーンを違和感なく整えたい!」という方は部位によって毛の長さを変えると良いでしょう。

具体的には割れ目の下部分を一番長く、お腹へ向かうにしたがって徐々の短く処理していくと、キレイな逆三角形になります。

またデリケーゾーンを自己処理した際には必ず保湿しておきましょう。

デリバリーゾーンが乾燥すると痒みやできものの原因になりますし、脱毛の施術が受けづらくなります。

なおデリケーゾーンの保湿は、顔用の乳液などを利用しても問題ありません。

アンダーヘア(陰毛)の長さを整えるメリット

ここからはVIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットを解説していきます。

デリケートゾーン周りでお悩みを抱えている場合は、VIOゾーンを脱毛することで解決する可能性があります。

詳しくは次から見ていきましょう。

水着や下着のはみ出しを防止できる

VIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットとしては、水着や下着のはみ出しを防止できる点が挙げられます。

日本人女性はデリケートゾーンを処理しないでいると7センチ以上伸びることもあり、少しアクティブに動いたり、浅めの下着を履いていると毛がハミでてしまうことも珍しくありません。

特に肌が白いとハミ出た毛は目立つため、女友達からならまだしも気になる男性や彼氏から指摘されたら恥ずかしいですよね。

可愛い水着や下着を着こなすためにも、デリケートゾーンはしっかりと処理しておきましょう!

デリケーゾーンの衛生状態が良くなる

VIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットとしては、衛生状態の改善も挙げられます。

毛は体液や汗を吸着する性質があるため、デリケートゾーンの毛が多ければ多いほどムレやニオイは発生しやすくなりますし、雑菌が増殖することで肌トラブルの原因になります。

特に夏場や生理中は汗や血がアンダーヘアに絡みつき、不快感を感じた人も多いのではないでしょうか。

見た目だけではなく実用性や衛生面からも、デリケートゾーンはVIO脱毛などでしっかりと処理しておくことをおすすめします。

アンダーヘア(陰毛)は2〜3センチがおすすめ!処理が面倒な場合はVIO脱毛しよう

このページではデリケートゾーンを処理する際のおすすめの長さについて、解説してきました。

普段から自己処理するのであれば、ハサミやヒートカッターなどで2〜3センチほどに整えておくと、ムレやニオイを改善しつつチクチク感も少なくなります。

またVIO脱毛でハイジニーナ(無毛)状態まで処理すれば、デリケートゾーン周りで悩むこともなくなるでしょう。

昨今は多くの脱毛サロンやクリニックがデリケートゾーンの脱毛に対応しているため、まずは無料カウンセリングを申し込むことから初めてみましょう!