アンダーヘア(陰毛)の適切な整え方とは?お手入れにおすすめのアイテムや自己処理の注意点について解説

アンダーヘア(陰毛)の適切な整え方とは?お手入れにおすすめのアイテムや自己処理の注意点について解説

「アンダーヘアを整えたいけど、どこまで整えたらいいかわからない」「VIO脱毛でどれぐらいの長さにしようか迷っている」といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

本記事ではアンダーヘアの正しい整え方や、お手入れにおすすめのアイテムや自己処理の注意点について解説していきます。

アンダーヘアを自己処理する際におすすめの長さについても解説しているので、そちらも是非参考にしてみてください。

VIO脱毛の形はどれがいい?男ウケが良いアンダーヘアの形と正しい作り方を解説

アンダーヘア(陰毛)脱毛におすすめの脱毛サロン2選

Check
おすすめサロン「銀座カラー」

銀座カラー バナー

料金(全身脱毛お試しプラン) 月々1,900円
対象部位 全身24箇所(顔・VIOを含む)
割引特典・キャンペーン 当日契約割:最大60,000円割引
はじめて割:最大20,000円割引
のりかえ割:最大20,000円割引
脱毛学割:最大20,000円割引
おともだち紹介:15,000円分ギフトカートプレゼント
予約の取りやすさ

太毛・細毛どちらにも対応している珍しい脱毛サロン。

エステ脱毛と医療脱毛の2つで高い脱毛効果が期待できます。

脱毛後には独自の「美肌潤美」で保湿し、綺麗な肌に仕上げることが可能です。

銀座カラーの脱毛機は過去80万人の脱毛データを基にAIが適切な出力を算出して施術を行います。

人によってばらばらな毛質や肌質に合わせて施術を行うことで、無駄のない施術を実現しています。

\60秒カンタン無料予約/

銀座カラーの詳細をチェック

Check
おすすめサロン「ラココ」

ラココ

料金(全身脱毛お試しプラン) 月額3,300円
対象部位 全身51箇所(顔・VIOを含む)
割引特典・キャンペーン 全身脱毛(顔・VIO込み)初月0円
紹介割:最大10%キャッシュバック
のりかえ割:最大10%キャッシュバック
ペア割:最大10%キャッシュバック
学割:最大10%キャッシュバック
予約の取りやすさ

ラココは最新の「ルミクス脱毛」を導入しており、脱毛の弱点を解消する「早い」「痛くない」「熱くない」といった特徴があります。

通常メラニン色素に高温で反応させるIPL脱毛とは違い、徐々に熱を加えてダメージを与える「SHR脱毛」を採用しているので、痛みや熱さを感じずにお手入れすることができます。

連射式のハイスピード脱毛を実現しているので、最短30分でのお手入れが可能。

ハイスピード脱毛なので全身脱毛が手軽に身近に感じられる脱毛サロンです。

\全身脱毛が初月0円!最短6か月で完了/

ラココの詳細をチェック

アンダーヘア(陰毛)を整える際におすすめのアイテム

アンダーヘアを整えるといっても、どんなアイテムで整えれば綺麗になるのかわからないですよね。

以下ではアンダーヘアの処理をするのに適しているアイテムについて紹介していきます。

自己処理する際の参考にしましょう。

カミソリ

どの家庭にも一つはあるカミソリは、手軽さという点で自己処理におすすめです。

近くのコンビニで購入することもできますし、なにより安く購入することができるので、学生でも簡単に手に入れることができます。

しかしカミソリは刃がむき出し状になっているぶん、肌に直接触れることで、外部刺激から肌を守る「バリア機能」も一緒に削ぎ取ってしまいます。

肌はバリア機能を失ってしまうと、肌表面の水分が放出され乾燥しやすい肌になってしまうのです。

乾燥した肌は菌を取り込みやすくなってしまうので、結果的に肌荒れに繋がってしまうことも。

そのため、カミソリで自己処理をする際は、シェービングクリームやジェルを塗布して、十分保湿をしたうえで、使用することを推奨しています。

電動シェーバー

電動シェーバーは、電気の力で脱毛することができるので、手軽かつ効率的に自己処理することができます。

カミソリよりは価格は高いですが、長く使えるので長期間で見るとお得です。

さらに電気シェーバーは直接刃に肌が触れない仕組みとなっているので、カミソリより肌に優しくお手入れすることができます。

しかし電気シェーバーは直接触れない分、深剃りができないのでムダ毛が残ってしまうケースも。

少し残った毛を無理に剃ろうとして強く押し付けたり、何度も往復したりすると肌を傷つける恐れがあるので、使用する際は注意が必要でしょう。

ヒートカッター

ヒートカッターは電気の熱によって、毛先を焼き切る除毛アイテムのことです。

カミソリや電気シェーバーと違って毛先が丸くなるので、お手入れ特有のチクチク感がなくなります。

毛先が自然に仕上がるため、アンダーヘアのお手入れにピッタリのアイテムです。

アンダーヘア(陰毛)を適切に整える手順

続いてアンダーヘアを整える手順について解説していきます。

  1. 処理する箇所を温める
  2. 整えたい形を決める
  3. 失くしてしまう部分も短く切る
  4. 残す部分は2~3cmの長さに整える
  5. 保湿

初めて整える方は是非以下を確認しながらお手入れをしましょう。

処理する箇所を温める

アンダーヘアのお手入れを始める前は、あらかじめアンダーヘア部分を温めておきましょう。

毛は温めると柔らかくなる性質があるので、毛穴が開きシェービングしやすい毛質に変化します。

乾燥したままの肌でシェービングを行うと、肌トラブルを引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

整えたい形を決める

続いて整えたいアンダーヘアのデザインを決めましょう。

お湯で落ちるアイライナーや水性ペンであたりを書いておくと、実際にお手入れする際に目印になるのでおすすめです。

ナチュラル型

ナチュラルなVライン

最も人気のデザインは、ナチュラルです。

元々の生え方を大きく変えないで、量や長さを整える方法です。

デザイン性も低く、自然な仕上がりなので初心者の方にもおすすめです。

たまご型

オーバル型のVライン

たまご型は別名「オーバル型」とも呼ばれ、アンダーヘアを楕円形に残すデザインになります。

Vラインのメインの部分は残しつつも、ナチュラルな雰囲気を残すことができるので、女性らしさを演出することも可能です。

比較的面積の少ない水着や下着も楽しくことができるので、おしゃれをしたい方にも
おすすめのデザインです。

スクエア型

スクエア型のVライン

スクエア型は、文字通りアンダーヘアを四角くするデザインのことを指します。

オーバルやナチュラルより少し奇抜なデザインなため、クールさやセクシーさを演出する
ことが可能です。

ファッション性にも優れているので、ファッショナブルな水着や下着を楽しみたい方に
おすすめです。

ハイジニーナ

ハイジニーナはアンダーヘア部分を全て剃り上げるツルツルの状態のことを指します。

しかしハイジニーナの最大のメリットは清潔感にあります。

アンダーヘアは伸ばしっぱなしにしておくと排泄物や生理の血が絡まってしまうことで、
肌トラブルに繋がることも。

最近では介護脱毛といって、排泄の介助が必要になる前にアンダーヘアをハイジニーナにしてしまう人も多いです。

ムレが抑えられることによって、臭い対策にも繋がるのです。

失くしてしまう部分も短く切る

アンダーヘアのデザインが決まったら、次に全て剃ってしまう部分を短く切りましょう。

全て剃るのだから切る必要がないと思われがちですが、全て剃る部分に長い毛が生えていると、うまく剃ることができません。

全て失くしてしまう毛ではありますが、全て剃る前に一度短く切っておくことが大切です。

その後にカミソリや電気シェーバーで剃り上げましょう。

残す部分は2~3cmの長さに整える

失くす部分を全て剃り終えたら、次に残す部分です。

残す部分は大体2~3cmほど残して、ハサミやヒートカッターで切りましょう。

保湿

最後にお手入れをした部分の保湿です。

カミソリを使わずにどんなに優しくお手入れをしたとしても、肌表面のバリア機能は弱まっています。

バリア機能が弱まると乾燥を引き起こしてしまうので、お手入れ後はすぐに化粧水や保湿クリームを使用して保湿してあげましょう。
乾燥におすすめの保湿成分はセラミドやプラセンタ。肌には油分も必要なのでシアバターやワセリンなどのオイル成分が配合されているものを使用すると、より効果的でしょう。

アンダーヘア(陰毛)を整える際のポイント

 

ここからはデリケーゾーンを整える際のポイントを解説していきます。

VIO脱毛をする前の自己処理でも利用できるため、脱毛を検討している方もチェックしておきましょう。

蒸しタオルで温めると手入れしやすくなる

デリケートゾーンを自己処理する際には、あらかじめ蒸しタオルを当てて処理する毛を柔らかくしておきましょう。

そのままの状態で処理しようとすると毛が引っかかりやすいですし、ポロポロと毛が落ちるため、処理した後の毛を捨てるのが面倒になります。

なお蒸しタオルはタオルを水に濡らし、ビニール袋に入れて電子レンジで30秒から1分ほど温めると簡単にできるため、おすすめです。

上記の方法は洗顔やシャンプー前にも応用できるため、覚えておくと便利です。

ただし電子レンジで蒸しタオルと作る際には、破裂を防止するためにビニール袋の口は必ず開けておきましょう。

お腹に向かって短くすると自然に仕上がる

「デリケートゾーンを違和感なく整えたい!」という方は部位によって毛の長さを変えると良いでしょう。

具体的には割れ目の下部分を一番長く、お腹へ向かうにしたがって徐々の短く処理していくと、キレイな逆三角形になります。

またデリケートゾーンを自己処理した際には必ず保湿しておきましょう。

デリケートゾーンが乾燥すると痒みやできものの原因になりますし、脱毛の施術が受けづらくなります。

なおデリケートゾーンの保湿は、顔用の乳液などを利用しても問題ありません。

アンダーヘア(陰毛)を整える際の注意点

続いてアンダーヘアを整える際の注意点について解説していきます。

注意点を確認せずに行ってしまうと、思わぬ肌トラブルや十分に脱毛効果を得られない可能性があります。

詳しく見ていきましょう。

生理前や生理中は自己処理を避ける

女性は特に生理前や生理中のお手入れは控えるようにしましょう。

生理前や生理中はホルモンバランスが崩れやすいため、肌へのダメージも大きくなりやすいです。

万が一カミソリ負けしてしまうと普段より痛みを感じやすく、炎症にも繋がりやすくなってしまいます。

また自己処理中に生理が始まってしまうと、経血の処理も大変になるので、生理前や生理中はなるべく控えるようにしましょう。

自己処理後は保湿を忘れない

アンダーヘアの自己処理の後は、必ず保湿をするようにしましょう。

自己処理後の肌はバリア機能が弱まっているので、かなり乾燥しやすいです。

乾燥すると肌の生まれ変わりの仕組みである「ターンオーバー」が不調になってしまい、肌荒れが進んでしまいます。

乾燥こそ肌荒れの大敵なので、自己処理後はなるべく早く保湿するようにしましょう。

処理後は体温を上げないように気を付ける

自己処理後は体温を急激に上げるような行動は控えましょう。

バリア機能が弱まった肌は非常にデリケートなので、急激に体温が上がると、血液促進によって赤みや痒みを促進させてしまいます。

処理前は温めることが大切ですが、処理後は温めないことが大切なのです。

そのため急激に体温を上げるお風呂や激しい運動は極力控えるようにしましょう。

またバリア機能が弱まった肌は刺激にも弱いので、濡れた肌をタオルで拭く際も、優しく拭くことが大切です。

毛抜きやブラジリアンワックスはNG

肌を自己処理する際に毛抜きやブラジリアンワックスを使用するのはNGです。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、肌の表面に毛が見えている状態の「埋没毛」を引き起こしてしまいます。

毛抜きによって傷ついた毛穴がかさぶたを作ることによって、新たな毛にふたをしてしまいう形で埋没毛が生まれてしまいます。

またブラジリアンワックスも同様に、熱によって柔らかくなった成分を毛に絡めて冷やし、引っこ抜いて処理するので、毛が抜ける仕組みは毛抜きと変わりません、

肌への負担が大きいため、毛抜きと同じ理由でNGです。

アンダーヘア(陰毛)を整えるメリット

ここからはVIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットを解説していきます。

デリケートゾーン周りでお悩みを抱えている場合は、VIOゾーンを脱毛することで解決する可能性があります。

詳しくは次から見ていきましょう。

水着や下着のはみ出しを防止できる

VIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットとしては、水着や下着のはみ出しを防止できる点が挙げられます。

日本人女性はデリケートゾーンを処理しないでいると7センチ以上伸びることもあり、少しアクティブに動いたり、浅めの下着を履いていると毛がハミでてしまうことも珍しくありません。

特に肌が白いとハミ出た毛は目立つため、女友達からならまだしも気になる男性や彼氏から指摘されたら恥ずかしいですよね。

可愛い水着や下着を着こなすためにも、デリケートゾーンはしっかりと処理しておきましょう!

デリケートゾーンの衛生状態が良くなる

VIO脱毛でデリケートゾーンの長さを整えるメリットとしては、衛生状態の改善も挙げられます。

毛は体液や汗を吸着する性質があるため、デリケートゾーンの毛が多ければ多いほどムレやニオイは発生しやすくなりますし、雑菌が増殖することで肌トラブルの原因になります。

特に夏場や生理中は汗や血がアンダーヘアに絡みつき、不快感を感じた人も多いのではないでしょうか。

見た目だけではなく実用性や衛生面からも、デリケートゾーンはVIO脱毛などでしっかりと処理しておくことをおすすめします。

アンダーヘア(陰毛)の道具ごとのおすすめの長さ

アンダーヘアを整える際には、皮膚から2〜3センチを目安に自己処理すると良いでしょう。

ただし処理に使う道具によって、おすすめの長さは異なるため、詳しくは次から解説していきます。

ヒートカッターを利用するなら2センチの長さがおすすめ

ヒートカッターとは熱で毛を焼き切る処理道具のことで毛先が熱で溶けて丸くなるため、ハサミと違って、処理後の毛が肌に刺さる感覚がありません。

またヒートカッターは家電量販店や脱毛サロンなどでも買えますが、Amazonや楽天市場などのECサイトであれば2000円程度で購入できるためおすすめです。

なおヒートカッターを利用する際には、熱戦部分を押し当てないようにしましょう。

熱線部分を押し当ててしまうと毛先が丸くなりませんし、火傷にもつながります。

ハサミなら3センチの長さもおすすめ

手早くVIOゾーンを処理したい!という場合は定番のハサミを利用すると良いでしょう。

ただしハサミで毛を処理するとどうしても切り口が鋭角になるため、あまり短くしすぎると肌に刺さるような感覚があります。

そのためハサミを利用する場合は、皮膚から3センチ程度に整えておくとチクチク感が少なくなるためおすすめです。

なおアンダーヘアは平均して1日に0.2ミリずつ伸びていくため、ハサミで3センチをキープするためには1週間に1度くらいのペースで整える必要があります。

アンダーヘア(陰毛)は2〜3センチがおすすめ!処理が面倒な場合はVIO脱毛しよう

このページではデリケートゾーンの整え方とおすすめの長さについて解説してきました。

普段から自己処理するのであれば、ハサミやヒートカッターなどで2〜3センチほどに整えておくと、ムレやニオイを改善しつつチクチク感も少なくなります。

またVIO脱毛でハイジニーナ(無毛)状態まで処理すれば、デリケートゾーン周りで悩むこともなくなるでしょう。

昨今は多くの脱毛サロンやクリニックがデリケートゾーンの脱毛に対応しているため、まずは無料カウンセリングを申し込むことから始めてみましょう。

VIO脱毛におすすめの脱毛サロン人気ランキング!VIOの料金が安いサロンの効果・通いやすさを徹底比較