大阪・梅田の美容外科キャンペーン

大阪・美容整形 > 治療内容 > プチ整形 > パーフォーム(バイオアルカミド)

パーフォーム(バイオアルカミド)

パーフォーム(Perform)は、バイオアルカミドの製造元の会社名変更に伴い商品名が変更されたもので、バイオアルカミドと同一のものになります。従来のヒアルロン酸やアクアミドの欠点を改良した新しい注射剤で、鼻・あご・輪郭形成に適した非吸収性の注入型プロテーゼです。

パーフォーム(バイオアルカミド)とは

パーフォーム

パーフォームの成分は“アルキルイミド4%+水分96%”で、非毒性で、化学的・物理的に非常に安定しています。
生体適合性が高く体内で異物とみなされないので、アレルギーテストも不要です。
パーフォームを注入すると、パーフォームの周囲に“カプセル”と呼ばれる非常に薄いコラーゲンの膜(0.02ミリ)が形成されます。このカプセルがパーフォームを完全に包み込むため、パーフォームが周囲に滲み出したり流れ出したりすることはありません。

パーフォームの特徴

  • メスを一切使わず注射器で注入でき、施術後の腫れが少ない
  • 注入後はプロテーゼ様の固体となり、将来的に除去も可能
  • 非吸収性のため、効果が半永久的に持続
  • ジェル状のため、鼻・あご・輪郭の調節がしやすい
  • 非毒性の安全素材、アレルギーテストも不要
  • ヨーロッパなど20カ国以上の国で使用されており安全性が高い

ヒアルロン酸やアクアミド、エンドプロテーゼとの違い

パーフォームは、ヒアルロン酸アクアミドなどの注入剤と同様に、ジェル状のプロテーゼです。
エンドプロテーゼは、同じ「注入型プロテーゼ」ですが、注入前に剥離してポケット(空間)を形成する必要がありました。一方、パーフォームは、このような注入部位の剥離も不要で、パーフォーム自身が必要な空間とボリュームを作ってくれますので、負担が軽いものです。

ヒアルロン酸は、最終的にすべて吸収されてしまうため、効果を持続させるためには、継続的な注入が必要で、都度、費用がかかっていました。しかし、パーフォームは自然に吸収されることはありませんので、継続的な注入は不要です。

アクアミドは、注入後の取り出しができないという不安がありましたが、パーフォームは、注入されたジェルの周囲には薄いコラーゲン層の皮膜(カプセル)が形成されるため、皮膜以外の周囲に流れ出たり、正常組織内に浸潤することがなく、注入位置から移動することもありません。そのため、将来的に取り出すことができるのが特徴です。

パーフォームの安全性

パーフォームは、生体適合性が高く(体内で異物としてみなされない)、非毒性で、化学的・物理的に安定したジェルです。
2001年から欧州連合(EU)やイギリスを含む20以上の国々で使用されており、これまでに適用された重要な安全試験すべてに合格しています。また、カナダ保健省の承認を取得しています。

パーフォームの費用

当院では、パーフォームの注入部位にかかわらずパーフォーム1本(1cc)が14万円となり、施術料が1万円です。(税別)

*パーフォームが残った場合は、6ヶ月間保管していますので、残りのパーフォームの注入を施術料のみで受けることができます。

うまみ美容クリニックポイントカード
切らないワキガ多汗症治療ビューホット
サンテレビ美容番組
未成年の方が美容外科施術を受ける場合
GSLを通じて自然エネルギーの普及を応援しています。

大阪/梅田/北新地/兵庫/京都/和歌山/滋賀/奈良/徳島/香川/枚方/寝屋川/門真/守口/高槻/豊中/箕面/東大阪/八尾/松原/藤井寺/富田林/堺/河内長野/伊丹/尼崎/西宮/宝塚/芦屋/神戸/姫路/大津

© 2004-2017 Umami Beauty Clinic. All rights reserved.

大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約