大阪・梅田の美容外科キャンペーン

大阪・美容整形 > 治療内容 > 豊胸・バスト > 乳輪縮小

乳輪縮小

「授乳で乳輪が大きくなった」「他人と比べて乳輪の大きさが気になる」など、乳輪の大きさに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。乳輪の大きさは乳輪縮小手術で小さくすることが可能です。乳輪の外側を切る方法と、乳輪の内側(乳頭の根元)を切る方法があり、その方に合った方法を提案いたします。乳輪縮小手術は授乳にも支障がありません。

乳輪縮小手術はこのような方に

  • 授乳後に乳輪が大きくなってしまった。
  • 元々乳輪が大きく、気になっている。
  • 乳輪のぶつぶつが気になっている。

乳輪縮小手術の方法

乳輪縮小手術には、外側を切る方法と内側を切る方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。うまみ美容クリニックでは、傷痕が目立たない内側を切る乳輪縮小手術をお勧めします。どちらの方法でも授乳には支障がない方法ですので安心してください。

内側を切る乳輪縮小手術

乳輪の内側(乳頭の根元)を切る方法のメリットは、傷痕が目立ちにくいことです。乳輪の外側を切る方法と比べると効果はやや少ないですが、お勧めの方法です。

外側を切る乳輪縮小手術

乳輪の外側を切る方法のメリットは効果が大きいことですが、傷痕が目立ちやすいので、内側を切る方法の方がお勧めです。

乳輪縮小手術後の経過

乳輪縮小手術当日

乳輪を濡らさないように、シャワーが可能です。

乳輪縮小手術1週間後

乳輪の抜糸を行います。入浴も可能になります。

乳輪縮小手術3ヶ月後

乳輪縮小手術後の傷痕の赤みもほぼ気にならなくなります。

乳輪縮小手術のよくある質問

Q1.乳輪の内側を切る方法と乳輪の外側を切る方法とではどちらが良いのですか?
その方の乳輪の大きさやバランス、希望する変化によっても違い、どちらが良いとは言えません。状態を診察した上で最適な方法を提案いたします。うまみ美容クリニックでは、傷痕が目立たない乳輪の内側からの方法をお勧めしております。
Q2.乳輪縮小手術後の傷痕はどのくらいで目立たなくなりますか?
乳輪縮小手術後3ヶ月程度で傷痕の赤みは気にならなくなります。
Q3.乳輪縮小手術後も授乳はできますか?
乳輪縮小手術では乳管を傷つけず、授乳に支障はきたしませんので安心してください。

乳輪縮小手術の費用

乳輪縮小手術 20万円(税別)

*無痛麻酔(静脈麻酔)を希望の方は、別途3万円(税別)になります。

大阪・梅田の美容外科キャンペーン
メールカウンセリング ご予約・お問い合わせ お薬処方