大阪・美容整形 > 治療内容 > 婦人科・女性器 > 処女膜切開(切除)

処女膜切開(切除)

処女膜が固かったり、固くなくても性行為に強い痛みを伴うような場合、処女膜を切開し亀裂を作ることで、性行為をスムースにさせることが可能です。処女膜の硬さが強い場合は、切開だけでは不十分で、処女膜の一部切除をする必要がある場合もあります。

処女膜切開手術

処女膜自体は正常でも、性交時に強い痛みを感じ、性交が不可能な場合は、処女膜を切開し亀裂を作る(通常は3箇所程度)ことで性交時の痛みを軽減し、スムーズに性交する事ができるようになります。当院では、切開した処女膜が一部癒合することを防ぐ目的で、処女膜の一部の切除を行います。

処女膜切開手術当日からシャワーが可能です。

・処女膜切開手術  80,000円

*静脈麻酔(無痛麻酔)をご希望の場合は別途3万円かかります。

処女膜輪状切除術

処女膜強靭症といって、処女膜そのものの硬さが強い状態の場合、切開だけでは改善しないケースもあります。 そのような場合、処女膜を輪状に切除し、性交時の痛みを和らげる場合があります。費用は、処女膜切開術と同じです。

メールカウンセリング ご予約・お問い合わせ お薬処方