大阪・美容整形 > 治療内容 > ダイエットピル > ボグリボース(糖質吸収抑制剤)

ボグリボース(糖質吸収抑制剤)

糖質吸収抑制剤・ボグリボースは、食後の血糖値の上昇を抑制し、インスリンの分泌を抑えることでダイエット効果が期待できる薬です。

糖質吸収抑制剤・ボグリボース 糖質吸収抑制剤・ボグリボースOD錠

ボグリボースの効果

  • 食後の血糖上昇を抑える。
  • 血糖の上昇を抑えることで、インスリン分泌が抑えられる。
  • ダイエットとの併用で減量効果を高める

ボグリボースの作用機序

ボグリボースは小腸の粘膜にあるα-グルコシダーゼという酵素を抑制することで二糖類の分解を抑制し、ブドウ糖の体内への吸収を遅らせます。結果的にインスリン分泌を減らし、ダイエットに効果を発揮します。

ボグリボースの服用方法

1日1~3回、食前に1錠を服用してください。
*当院で処方するボグリボースはOD錠ですので水なしでも服用できます。

ボグリボースの副作用

腹部膨満感を感じたり、おならが多くなるなどの副作用が主なものです。
まれに肝機能障害が起こりますので、定期的な肝機能検査をお勧めします。
*副作用があらわれた場合や、その他気になる症状がある場合は、服用を中止し早めにクリニックにご連絡してください。

ボグリボースを処方できない方

  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は糖尿病性前昏睡の方
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
  • 本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある方。
  • 他の糖尿病用薬投与中の方
  • 肝障害・腎障害のある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 小児

ボグリボースの費用

ボグリボース(糖質吸収抑制剤) 10錠 2,100円(税別) 30錠 5,700円(税別)
             

ボグリボースのよくある質問

Q.ボグリボースはどのような薬ですか?

ボグリボースは、食後の血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌を抑えることで、ダイエットのサポートをする薬です。

Q.インスリンが抑えられるとなぜダイエットになるのですか?

血糖値が上がると血糖を下げるためにインスリンが分泌されますが、インスリンが分泌されればされるほど脂肪分解を抑えてしまいます。逆に言うと、インスリンの分泌を少なくする事で脂肪が分解されやすくダイエットに繋がります。

Q.ボグリボースは安全ですか?

ボグリボースは、大きな副作用は無く、安全性は高い薬ですが、異常を感じた場合はご相談ください。

Q.ボグリボースの副作用は?

ボグリボースの主な副作用は、腹部膨満感やおならが多くなることです。ゼニカルと併用するのは控えた方が良いでしょう。

Q.ボグリボースは糖尿病の薬と聞きましたが、低血糖になる心配はないですか?

ボグリボースは、糖尿病の薬として使われていますが、血糖値を下げるものではないため、低血糖の心配はそれほど多くないでしょう。

Q.ボグリボースはいつ服用すればよいですか?

ボグリボースは、食事の直前に服用するようにしてください。うまみ美容クリニックで処方するボグリボースはOD錠ですので、水なしでも溶けて服用しやすくなっております。
うまみ美容クリニックポイントカード
切らないワキガ多汗症治療ビューホット
サンテレビ美容番組
未成年の方が美容外科施術を受ける場合
GSLを通じて自然エネルギーの普及を応援しています。

大阪/梅田/北新地/兵庫/京都/和歌山/滋賀/奈良/徳島/香川/枚方/寝屋川/門真/守口/高槻/豊中/箕面/東大阪/八尾/松原/藤井寺/富田林/堺/河内長野/伊丹/尼崎/西宮/宝塚/芦屋/神戸/姫路/大津

© 2004-2017 Umami Beauty Clinic. All rights reserved.

大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約