大阪・美容整形 > 治療内容 > 目元 > 二重まぶた(切開法)

二重まぶた(切開法)

瞼が厚ぼったい方やタルミが多い方、幅が広い二重のラインを希望される方の場合、切開法の方が確実で自然な二重に仕上がることが多いです。腫れぼったい方の場合、同時に余分な脂肪を取り除くことでスッキリした目になります。蒙古ひだのかぶさりが大きい方は、目頭切開を同時に行うことでより大きなパッチリとした目にすることが可能です。

切開法の特長

切開法は、切開によって瞼の中に癒着を作って、それにより二重を作る方法です。埋没法と違い、基本的には取れることのない方法です。

二重まぶた(切開法)の腫れ

埋没法と比べると切開法の腫れは大きなものです。
また、抜糸まで1週間程度かかり、その間はアイメイクができないので、人前に出ることは難しいです。
切開法の手術後3日間程度が腫れのピークで、1週間もすると、少し腫れが引いた感じになってきます。
抜糸後はメイクで多少はごまかすことが可能になります。
切開後3週間くらいすると腫れはかなりひいてきて、メイクをして人前に出られる程度になります。(まだ二重幅は広いです)
二重幅が完成するのは手術後3か月くらいを考えてください。 ​​​​

二重まぶた(切開法)の手術について

二重まぶた(切開法)の手術の際は、まず、点眼麻酔をし、その後に瞼に麻酔をします。麻酔の痛みは、チクっという痛みですので安心してください。
二重まぶた(切開法)の手術時間は、30分程度となります。

二重まぶた(切開法)の注意点

  • 二重まぶた(切開法)は通常局所麻酔で行いますが、痛みが心配な方や怖さを感じる方は、無痛静脈麻酔(別途30,000円)を使用することで、全く痛みを感じず二重まぶた(切開法)を受けられます。
  • 二重まぶた(切開法)では、極細の針で局所麻酔を行いますが、まれに内出血を起こす可能性があります。通常は、メイクで隠すことが出来るので安心してください。
  • 二重まぶた(切開法)手術後は、局所麻酔が入っているためと腫れのために二重の幅が広くなります。腫れが引くとともに徐々に二重の幅は落ち着いてきます。
  • 二重まぶた(切開法)手術後に、二重幅を狭くしたいという希望があっても原則的に無理だとお考え下さい。どちらかというと若干控えめな方がリスクは少ないでしょう。
  • 抜糸後からメイクができますが、その時期はまだ二重幅が広く気になる時期です。

部分切開法

切開範囲が少ない、腫れが少ない、費用が安いなど良いことずくめのように感じますが、当院では部分切開法はお勧めしておりません。
切開範囲がすくないのは中途半端になってしまい、切開した部分としていない部分で段差が生じやすかったり、二重のラインに違和感を生じやすい手術方法です。

うまみ美容クリニックでは、部分切開法よりも全切開法をお勧めしています。

目の上のたるみにも切開法

加齢とともに、二重まぶたが下がってきて、目が小さく見えて来るものです。
この場合、たるみを切開して、綺麗に縫い合わせることですっきりとした二重まぶたになります。
切開に抵抗がある方の場合、埋没法での手術も可能ですが、たるみが原因の場合、埋没法の場合、点で二重を作るため、ラインがスムースにならず、カクカクしたラインになる可能性もあります。切開に抵抗がなく、ダウンタイムを確保できるのであれば、切開法での手術をお勧めします。、​​​

二重まぶた(切開法)+脱脂について

瞼が腫れぼったく、脂肪が多く突いている場合、二重まぶた(切開法)の手術の際にその脂肪を取ることですっきりした瞼にすることができます。
脂肪を取りすぎると凹んでしまい、老けて見えてしまうので、取りすぎにならない程度に除去します。

二重まぶた(切開法)の料金

二重切開法  200,000円(税別)
(同時に脂肪を取り除く場合 +50,000円)

*片目だけの手術の場合、上記費用の6割になります。
*静脈麻酔を希望される場合は、別途30,000円(税別)となります。

うまみ美容クリニックポイントカード
切らないワキガ多汗症治療ビューホット
サンテレビ美容番組
未成年の方が美容外科施術を受ける場合
GSLを通じて自然エネルギーの普及を応援しています。

大阪/梅田/北新地/兵庫/京都/和歌山/滋賀/奈良/徳島/香川/枚方/寝屋川/門真/守口/高槻/豊中/箕面/東大阪/八尾/松原/藤井寺/富田林/堺/河内長野/伊丹/尼崎/西宮/宝塚/芦屋/神戸/姫路/大津

© 2004-2017 Umami Beauty Clinic. All rights reserved.

大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約