大阪・美容整形 > 治療内容 > 婦人科・女性器 > 膣縮小

膣縮小

膣の締まりをもっとよくしたい。膣が緩く感じる。膣が緩いと指摘された・・など
特に出産後に膣のゆるみに悩む方が多いようです。

膣縮小手術によって、膣のゆるみを解消することが可能です。

膣の縮小手術は一種の若返り手術と言っても良いでしょう。

膣縮小手術とは

  • 膣縮小手術は、膣の入り口を狭くするだけでなく、膣の中のひだを大きくすることで膣の中を狭くしていきます。
  • 膣の中は入り口から3-4センチくらいまでを縮小します。
  • 膣縮小手術は局所麻酔で行いますが、ご希望に応じて痛みや不安を感じない完全無痛麻酔(静脈麻酔)で行うことも可能です。
  • 膣縮小手術の時間は1時間くらいです。
  • 膣縮小手術は溶ける糸で行いますので、来院回数は少なくて済みます。

膣縮小手術後の経過

  • 膣縮小手術後は3日間くらい、じわじわとした出血がありますのでナプキンを当てて置いてください。
  • 膣縮小手術後手術後翌日からシャワーやウォシュレットは可能です。
  • 膣は肛門のすぐ近くですので、便秘がちな方は痛みを感じる場合があります。
  • 膣縮小手術後1週間後から湯船につかるのが可能です。
  • 膣縮小手術後1ヶ月後から性交渉が可能になります。

膣縮小手術の料金

膣縮小手術 35万円(税別)

*完全静脈麻酔をご希望の場合は別途3万円(税別)かかります。

膣縮小手術のよくある質問

Q.膣縮小手術はどのようなものですか?

出産後に膣の緩みが気になるような場合、膣縮小によって気にならなくすることができます。一種の若返り手術と考えても良いでしょう。膣縮小手術では膣の中のヒダを大きくして(内腔を狭く)、さらに膣の入り口を小さくしてあげる手術です。

Q.膣縮小は、膣の入り口から奥まででしないのでしょうか?

膣縮小手術では、膣の入り口から3-4センチの部分を狭くします。通常、膣の長さは8-10センチくらいですが、およそ3分の1程度を狭くすることで、パートナーは膣が狭くなったと感じますので、それで充分をお考えください。

Q.通院は必要ですか?

膣縮小手術は溶ける糸で行ないますので、心配なことがない限り通院は必要ありません。ただ、気になることが出ればいつでも診察を行ないますので安心してください。

Q.膣縮小手術後は性交渉はいつから可能ですか?

手術後1ヶ月は避けてください。1ヶ月経過すれば問題ありません。

Q.麻酔はどのような方法でしますか?

通常は局所麻酔で行なうことができますが、不安が強い方や痛みに弱い方の場合、静脈麻酔(無痛麻酔)を選択することが可能です。うまみ美容クリニックでは、プロポフォールを使用した覚めが早く安全性の高い静脈麻酔ですので、手術中に痛みを感じることは全く無く、安心して受けることができます(無痛麻酔希望の場合は別途費用3万円)
うまみ美容クリニックポイントカード
切らないワキガ多汗症治療ビューホット
サンテレビ美容番組
未成年の方が美容外科施術を受ける場合
GSLを通じて自然エネルギーの普及を応援しています。

大阪/梅田/北新地/兵庫/京都/和歌山/滋賀/奈良/徳島/香川/枚方/寝屋川/門真/守口/高槻/豊中/箕面/東大阪/八尾/松原/藤井寺/富田林/堺/河内長野/伊丹/尼崎/西宮/宝塚/芦屋/神戸/姫路/大津

© 2004-2017 Umami Beauty Clinic. All rights reserved.

大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約