大阪・梅田の美容外科キャンペーン

大阪・美容整形 > 治療内容 > スキン・スキンケア > 肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)とはシミの一種で、両頬や額の上に、左右対称に地図状に広がる淡褐色のシミのことです。肝斑は30~40代ころよりホルモンの影響などででき、妊娠に伴うこともあります。肝斑は体調や生理の周期によって色が濃くなったり薄くなったりすることも多くあります。ご自身のシミが肝斑かどうか自己判断せず、診察を受けることをお勧めします。

肝斑(かんぱん)の原因

女性ホルモン

肝斑(かんぱん)はシミの中でも対策が厄介なものですが、肝斑の主な原因は女性ホルモンのバランスのくずれです。ですから肝斑は30~40代の女性に多く見られ、妊娠に伴うことも多くあります。

皮膚のバリア機能の低下

肝斑(かんぱん)は肌への刺激によって皮膚のバリア機能が低下することによっても起きます。紫外線の他、直接の機械的な刺激なども原因になります。

ストレス

肝斑(かんぱん)は、ストレスによって皮膚への刺激になり、皮膚が守ろうとすることによってもメラニンが増えてきます。

肝斑(かんぱん)の治療

内服薬

トラネキサム酸が代表的な肝斑(かんぱん)の治療薬です。トラネキサム酸は抗プラスミン作用があり、メラニンの産生を抑えることで肝斑を改善します。

外用薬

ハイドロキノントレチノイン(レチノイン酸)ビタミンCローションなどが肝斑(かんぱん)に効果を発揮します。

プラセンタ注射

プラセンタの注射によりがホルモンバランスを整えたり、美白効果により肝斑(かんぱん)に効果を発揮します。

イオン導入

イオン導入は微弱な電流により皮膚内に多くのビタミンCやトラネキサム酸を浸透させる施術で、ローションなどを塗布するよりも何倍も有効成分が浸透し、肝斑(かんぱん)に効果を発揮します。

ケミカルピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングによってメラニンを薄くすることで肝斑(かんぱん)を改善します。同時にイオン導入やインディバトリートメントを併用することにより肝斑への効果を高めることができます。

インディバ高周波トリートメント

インディバ高周波トリートメントはホルモンバランスを整えたり、皮膚を活性化し美白効果により、肝斑(かんぱん)に効果を発揮します。イオン導入やサリチル酸ピーリングと併用することで肝斑治療の効果が高まります。

ダーマペン(マイクロニードルセラピー)

ダーマペン(マイクロニードルセラピー)が皮膚の再生を促し、同時にビタミンCやプラセンタなどの有効成分を塗布することで、イオン導入の何倍もの有効成分を皮膚内に到達させることが可能なため、肝斑(かんぱん)へ高い効果があります。肝斑への高い効果だけでなく、肌の若返りにも効果が高く人気があります。

*単独での治療の他に、セットで安くなった肝斑治療コースもご用意しております。

大阪・梅田の美容外科キャンペーン
メールカウンセリング ご予約・お問い合わせ お薬処方