大阪・美容整形 > 治療内容 > 美白内服薬 > トラネキサム酸

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果があります。

シミなどの原因となる生成を抑える作用、炎症を抑える効果があり、肝斑改善やシミ、そばかす治療のための内服薬としても使われています。シミの原因になるメラニン色素の、これにより美白効果が期待できます。

トラネキサム酸の特徴と効果

トラネキサム酸の特徴は抗プラスミンの作用です。

肌が紫外線等の刺激によってメラノサイトが活性化しメラニンが作られますが、その際に、トラネキサム酸はシミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害することで、メラニン生成が抑制されます。

肝斑もメラノサイトの活性化が原因で生じますので、紫外線によってできるシミだけではなく、肝斑にも有効です。

トラネキサム酸の副作用、注意点

トラネキサム酸は、安全性が高い薬で、副作用は多くないとされていますが、まれに、食欲不振や吐き気が出ることがあります。

トラネキサム酸は止血作用があるので、トロンビン製剤他の止血作用のある薬と併用するのはやめてください。

トラネキサム酸の服用方法

個人差はありますが、効果が出始めるのは内服を開始して3ヶ月経過したくらいなので、内服療法は3ヶ月は飲み続けることが基本となります。

トラネキサム酸の料金

30日分(90錠) 2,800円(税別)

メールカウンセリング お問い合わせ ご予約 お薬処方