大阪・梅田の美容外科キャンペーン

大阪・美容整形 > よくある質問 > 目元のよくある質問

目元のよくある質問

目元についてのよくある質問をまとめました。わからないことがある場合は、気軽にお問い合わせください。

二重術(埋没法)

Q.埋没法手術後の腫れはどの程度ですか?
個人差がありますが目安としては、術後2~3日間は泣きはらした後のような腫れが出ますが、徐々におさまっていき、1週間もすれば80%くらいの腫れがおさまり、腫れているようには見えなくなります。二重の幅が完成するのは1ヶ月くらいは見ておいた方が良いでしょう。メイクは翌日から可能ですので、状態によってはカバーできるくらいとお考えください。

Q.埋没法と切開法の違いは?
埋没法はメスを使わずに糸で癖を付けて二重を作る手軽なもので、切開法はメス切開して二重を作るもので、それぞれメリット・デメリットがあります。
埋没法は手術時間が約5-10分と短く、腫れが少なく、メイクも翌日から可能なこと。傷痕が残らず、後で元に戻したりラインの幅を変えることが可能ですが、 戻ってしまう可能性があるというデメリットがあります。切開法は、通常は戻ることはく、腫れぼったい瞼の場合などで同時に脂肪を取り除き、すっきりさせることができますが、腫れが強めにでることや、切ることへの抵抗があるというデメリットがあります。

Q.埋没法は取れてしまうのですか?
埋没法は、手術の性格上、絶対に取れないと言う方法はありません。クリニックによって独自の名前をつけて独自の方法を行なっているところもありますが、取れない方法を希望される場合には切開法の方が良いでしょう。患者様の瞼の状態や医師の技術によっては取れにくいこともあり、取れるからダメだと言う風には考えない方が良いでしょう。うまみ美容クリニックでは、手術を行なってから1年以内に、万が一戻ってしまった場合には無料で手術をさせていただいていますので安心してください。

Q.コンタクトレンズはいつから可能ですか?
瞼の安静のことを考えると、埋没法の手術後2-3日間はコンタクトレンズの使用は避けていただいた方が安心です。

二重術(切開法)・目の上のたるみ取り

Q.切開法(目の上のたるみ取り)手術後の腫れはどの程度ですか?
 埋没法と同様に個人差はありますが、埋没法よりは腫れは大きくなります。目安としては1週間は強めの腫れがあり、2-3週間すると、かなり落ち着いてきますので状態によってはメイクをすれば人前に出られるくらいとお考えください。二重のラインの仕上がりは2-3ヶ月は見ておいた方が良いでしょう。

Q.腫れぼったい目でもキレイな二重になりますか?
腫れぼったい目の場合、脂肪が多くついている場合と瞼の皮膚が厚い場合があります。切開法の場合、皮膚を切り取り、脂肪を取ることですっきりした二重を作ることができます。カウンセリングで状態を診察した上で、アドバイスさせていただきます。

Q.二重の幅の変更はできますか?
切開法の場合、基本的には幅を広げることは可能ですが幅を狭くすることは難しいとお考えください。 あとで幅の変更をする必要のないように、手術前にカウンセリングで十分話し合って決めるのが良いでしょう。うまみ美容クリニックでは、他院で手術を受けられて広すぎる幅になった方の修正は多く手がけていますが、安易には考えない方が良いでしょう。

目の下のたるみ取り

Q.目の下のたるみ取りはどのような手術ですか?
目の下のたるみ取り手術は、下まつ毛のすぐ際の部分でたるんでいる皮膚を切り取りきれいに縫い合わせる手術です。腫れはそれほど心配することはないですが、1週間は髪の毛よりも細い糸がつくのが気になるかもしれません。うまみ美容クリニックでは透明な糸を使用し、少しでも目立たない配慮をしております。

Q.傷痕は目立ちますか?
抜糸までの透明な糸がついている間は傷の赤みが気になりますが、抜糸後は傷痕はメイクで隠せますので、お仕事も可能です。傷痕の赤みが無くなればメイクなしでも目立たなくなりますので安心してください。

Q.目の下のたるみ取りをするとアカンベーになるのですか?
 目の下のたるみ取り手術の際に皮膚を切除し過ぎると、皮膚が足りなくなりアッカンベーの状態になってしまいます。経験豊富な医師が行なえば、そのような心配はありませんので安心してください。手術後多少の腫れがある間は、少しだけアッカンベーの感じはあると思ってください。

Q.目の下の膨らみは瞼の裏から取れませんか?
 比較的若い方で脂肪の膨らみが気になる場合には、裏側から脂肪を取ることで改善が得られることもあります。ただ、多くの方はたるみが原因で膨らみになっており、脂肪だけを取ると余計に皮膚がたるんだ感じになる場合もあり、通常はたるみを取る手術を受けた方が良いでしょう。膨らみが大きい場合にはたるみと同時に脂肪も取ることをお勧めします。

目頭切開

Q.目頭切開とはどのような手術ですか?
 東洋人に特有の蒙古ヒダのかぶさりが強いと目が小さく見えたり、目が離れて見えるので、かぶさりを少なくする手術です。末広型の二重を平行型にする場合に必要になることもあります。

Q.二重の手術と同時に受けることはできますか?
 二重の手術と目頭切開を同時に受けることは可能です。むしろ同時に受ける方がダウンタイムが重なって短くて済みますので、別々に受けるよりも良いと思います。

Q.元に戻すことはできますか?
基本的には難しいとお考えください。ですから欲張って大きな変化を求めずに若干控えめな変化にしておいた方が良いでしょう。うまみ美容クリニックでは、他院で目頭切開を受けて元に戻したいと言う希望で来られる方も多くいらっしゃり、実際に修正を行なっておりますが、そうならないようにカウンセリングでしっかりと話し合うことをお勧めします。

Q.寄り目になってしまうと聞いたのですが。
 目頭切開の手術をしたからといって寄り目になるわけではありません。かぶさっているヒダが少なくなるだけで、眼球の位置は変わらないからです。もし、目頭切開をして寄り目になるのだとすると外人はみな寄り目だということになってしまいます。

Q.目頭切開手術後の腫れはどの程度ですか?
 腫れには個人差がありますが、目頭切開手術後の腫れはあまり気にならない程度だとお考えください。ただ、傷に糸(髪の毛よりも細い透明なもの)がついていて赤みもありますので、人前で出るとわかってしまうと思います。抜糸後からはメイクが可能ですので傷痕の赤みは隠せるので安心してください。
大阪・梅田の美容外科キャンペーン
大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約