大阪・梅田の美容外科キャンペーン

大阪・美容整形 > 治療内容 > 豊胸・バスト > 豊胸術

豊胸術

バストを大きくする豊胸手術には、バッグ(人工乳腺)を入れる豊胸術と、自分の脂肪を胸に注入する豊胸術(脂肪注入)の2種類があります。
バッグを使用した豊胸術は、脂肪をあまり採取できない痩せた方や、バストアップを2カップ以上希望される方に適した方法です。

バッグによる豊胸手術の特徴

バッグ(人工乳腺)を大胸筋の下または上に挿入し、胸を底上げし、胸のボリュームをだすものです。大胸筋下法と乳腺下法の2通りがありますが、 一般的にはやせている方、バストが小さい方は大胸筋下の方が自然な感じになり、バストの大きさがある程度ある方やたるみが大きい方は乳腺下法が自然な感じになります。
ただ、最近の優れたバッグの場合、痩せている方でも乳腺下の方が綺麗に仕上がりますので、うまみ美容クリニックでは90%以上の方は乳腺下への豊胸術を行っております。
どちらの方法が適しているかは、状態や希望を拝見した上でアドバイスいたします。 いずれの方法でも、バッグでの豊胸術の手術のポイントは仕上がり(大きさ・形・やわらかさ) の自然さ安全性手術中・手術後の痛みのコントロールになります。

当院で使用しているバッグ

Motivaバッグ

テクスチャーが細かく、表面がシルクのような質感をしており、皮膜(カプセル)が厚くなることを防ぎ、柔らかな感触を保つことができます。また、6層構造となっており、強い衝撃にも破れにくくなっており、中間にはBarrier Layerという膜があり、ジェルが漏れるのを防いでくれます。

Motivaバッグにもシルクサーフェスプラスと言うタイプとエルゴノミクスと言うタイプの2種類がございます。

詳しくは⇒Motivaバッグページ

豊胸手術中の痛みのコントロール

豊胸手術中は、精密持続注入装置を使用した完全無痛静脈麻酔を行いますので、全く痛みや不安を感じることなく手術をお受けになれます。

豊胸手術麻酔に使用するシリンジポンプ

豊胸手術後の痛みのコントロール

また、豊胸術後は痛みを強く感じる方がいらっしゃいますが、当院では、痛み止めの成分が徐々に放出されるシールを使うことで、 痛みをほとんど感じずに過ごすことが可能になりました。

 美容外科における麻酔についてまとめたページも参考にしてください。

豊胸手術後の麻酔・デュロテップパッチ

豊胸手術後のカプセル拘縮とは

バッグによる豊胸手術後は、身体が異物に反応して、バッグの周りの組織に炎症を起こし、組織が厚くなっていきます。この厚くなった組織をカプセルと呼んでいます。
豊胸手術をどんなに丁寧に行っても、優れた技術の医師が行っても、豊胸手術後にはある程度の拘縮の反応が起きるとお考えください。
豊胸手術の仕上がりがが良いものになるためには、このカプセルをいかに薄く、柔らかく保つかが重要です。逆に言うと、カプセルが厚く、硬くなってしまうと、豊胸手術は失敗したと感じてしまいます。

では、豊胸手術後に、バッグの周りにできるカプセルを薄く、柔らかく保つにはどうしたらよいでしょうか?
組織が肥厚し(厚くなり)、硬くなる原因の最も大きなものは、【炎症】です。この炎症を少しでも少ないものにするために、うまみ美容クリニックでは様々な配慮をしております。

豊胸手術中には、少しでも出血を少なく、無駄な剥離をしないことで、炎症の度合いは大きく左右されますが、それだけではなく、アフタートリートメントによって豊胸手術後の炎症を少しでも少なくさせることも重要になってきます。

豊胸手術後の自然な仕上がりのために

やわらかさに関しては豊胸で選択するバッグの種類にもよりますが、アフターケアの良し悪しが仕上がりの状態に大きく影響します。 豊胸手術を受けられた方みなさんに満足していただくために、うまみ美容クリニックではアフターケアを十分に行ってもらえる環境を作っています。

豊胸に使用するバイオセルバッグ

マッサージ不要のテクスチャードタイプのバッグの使用

豊胸手術にはカプセル拘縮が起きづらいザラザラタイプのバッグを使用します。中でも最新のMotivaバッグは、 触感が良く、拘縮が起きづらいので、特にお勧めです。(このバッグを使用しても軽いマッサージはした方がよいと勧めています)

ドレーンの使用

豊胸手術によりバッグの入っているスペースに炎症物質が溜まると拘縮を起こしやすくなります。 この炎症物質をドレーンという細い管によって体外に排出してあげるわけです。ドレーン不要というクリニックも見受けられますが、 手軽さだけを強調しているように思われます。たった一晩のことですから、仕上がりを重視すればドレーンは必須なものとお考えください。

インディバ高周波トリートメント

豊胸術後のカプセル拘縮の予防に最も効果が高いといわれているのがこのトリートメントです。 この温熱トリートメントによって血行を良くし、炎症や痛みを抑えることができます。当院では最新の機種ER42を導入いたしました。豊胸手術後1~3ヶ月はこのトリートメントをできるだけ受けていただくことで一段上の仕上がりを実感できます。 当院では、バッグでの豊胸手術後にこのインディバトリートメントを6回まで無料で受けられます。

豊胸手術後のインディバ

拘縮予防薬の服用

豊胸手術後の拘縮予防に効果の高い内服薬を処方します。この薬で拘縮の確率を減らすことができます。当院では、豊胸手術後30日分の拘縮予防薬を無料で処方しております。

マッサージ

テクスチャードタイプのバッグを使用した場合、豊胸手術後の苦痛を伴うような強いマッサージは必要なく、ソフトマッサージをお勧めしています。 マッサージが全く必要ないと言ううたい文句も手軽さを強調したものだと考えます。

豊胸手術後の経過

豊胸手術翌日

ドレーンの抜去を行います。この頃よりパッチ(シール)による麻酔の効果が現れてきて断然身体が楽になってきます。

豊胸手術3日後

ガーゼ交換を行い、豊胸手術後からバストを圧迫しているバンドをはずします。この頃よりインディバトリートメントを開始します。インディバを当てることで、張ったようなこわばったような感じのあるバストが楽になるのを感じることでしょう。

豊胸手術1週間後

抜糸を行います。ワキの抜糸をするとともにバストのマッサージを開始して行きます。

それ以降の経過

豊胸手術後1ヶ月くらいは、週に2回くらいの割合でインディバに通院されることをお勧めします。 豊胸手術後2~3週間するとマッサージをしても痛みを感じなくなり、腫れもかなり治まってきます。 バッグによる豊胸手術後のケアで一番大切なのが手術後1ヶ月間です。特にこの間のアフターケアの良し悪しがその後にも大きく影響します。 できれば3ヶ月くらいまでは気をつけるようにしてください。

豊胸手術のよくある質問

Q1. 豊胸手術でのバッグは危険だと聞いたことがあるのですが ?
豊胸手術で使用するバッグは中身が漏れ出てこなければ全く問題ないものですので、漏れづらくしているバッグまたは漏れたとしても内容物の安全性が高いものがお勧めです。 内容物では生理食塩水がもちろん安全性が高いのですが、バッグの触感が決して良いとは言えず、あまりお勧めできません。うまみ美容クリニックでは外側が6層構造になっていて漏れづらくなっているMotivaバッグをお勧めしております。
Q2. バッグによる豊胸手術はとても痛いと聞きましたが大丈夫でしょうか?
うまみ美容クリニックでは、プロポフォールフェンタニルを使用した完全無痛麻酔により、豊胸手術中の痛みや不安を全く感じることはありませんので安心して手術を受けられます。一般的に、豊胸手術後の痛みも強いものですが、デュロテップパッチという痛み止めの成分が持続的に出てくるシールを使用することで豊胸手術後の強い痛みを感じずに過ごすことができます。
Q3. 豊胸手術後はドレーンを必ず入れなければいけないのでしょうか?
豊胸手術後のドレーンは必ず入れなければいけないと言うわけではありません。ただ、入れたほうが良いのは確かで、どうしても家にドレーンのまま帰ることができない方の場合には、豊胸手術後の休憩時間だけ入れておき、はずしてから帰宅することも可能です。ドレーン不要と言う謳い文句は手軽さを強調し、豊胸手術後の仕上がりをあまり考えていない方法と考えます。
Q4. 豊胸手術後のマッサージが面倒でつらいのですが、必要ですか?
うまみ美容クリニックの豊胸手術では、マッサージ不要と言われているバッグ(テクスチャードタイプ)を使用しますが、適度なマッサージは行った方が良い結果が出ています。強い痛みを感じるほどのマッサージは必要ありませんので安心してください。
Q5. バッグの豊胸手術はアフターケアが大変だと聞いたのですが?
豊胸手術の場合、手術の技術、バッグの選択とともに豊胸手術後のアフターケア(トリートメント)がとても重要です。いくら技術がしっかりしていてもアフターケアをおろそかにしていては良い状態にならない場合もあります。うまみ美容クリニックでは、マッサージ(簡単なもので結構です)はもちろん、カプセル拘縮の予防に最も効果があると言われているインディバトリートメントを6回まで無料で受けられます。さらに拘縮予防薬を30日分無料で処方しております。それは、少しでも良い仕上がりで満足していただきたいからです。
Q6. 豊胸手術では、大胸筋下法と乳腺下法のどちらが良いのでしょうか?
この2つの方法はそれぞれメリット・デメリットがありその方によって適した方法があります。
一般的には、痩せていてバストがあまり大きくない方には大胸筋下法、バストのたるみが強かったり、バストのボリュームがある程度以上ある方は乳腺下法が適しています。
ただ、Motivaバッグは乳腺下法で行った場合でもバッグの感じがわかりづらいものですので、痩せている方やバストのたるみが少ない方にも乳腺下法でお勧めすることが多く、うまみ美容クリニックでは90%以上が乳腺下法で行っております。全くの自然なバストというのは難しいので、豊胸手術において何を優先するかによってカウンセリングで相談した上で手術法を決定するのが良いでしょう。
Q7. 豊胸手術後に、万が一、カプセル拘縮を起こしてしまった場合はどうすればよいのですか?
拘縮の状態にもよりますが、豊胸手術で作ったスペースを広げる手術をする必要がある場合が多いものです。状態によっては、一旦バッグを取り出した方が良い場合も有ります。
Q8. 豊胸手術のバッグはレントゲンに写りますか?
写りやすい写りづらいという差はありますが、レントゲンには写ると思ってください。逆にあれだけの大きさのものが写らなければレントゲンとしての意味がありませんよね。ただ、医療機関には守秘義務がありますので他の人にバッグが入っていると言うことを話すと言うことはありませんので安心してください。

豊胸手術の料金

バッグによる豊胸術(税別)

Motivaバッグ(エルゴノミクス) 700,000円
Motivaバッグ(シルクサーフェスプラス) 650,000円
他院バッグ取り出し 200,000円
他院バッグ入れ替え(Motivaバッグ・エルゴノミクス) 850,000円
他院バッグ入れ替え(Motivaバッグ・シルクサーフェスプラス) 800,000円

*バッグでの豊胸手術後はインディバが6回まで無料で受けられます。

*上記豊胸手術費用には無痛麻酔代も含まれております。

*上記豊胸手術費用には拘縮予防薬(トラニラスト)30日分も含まれております。

大阪・梅田の美容外科キャンペーン
大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約